2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - » 2017.11
TOP > CATEGORY > 雑談
TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


灯台下暗し 

2016年10月27日 ()
「意外なところに盲点がある」という諺で、「灯台下暗し」などと昔から言うが、灯台と言うのは元来「照らす」ものではない。
その灯質(灯りの色、点滅の周期など)により、船舶に対し灯台名を識別させ、船位測定に供するものである。
照らすためのものでないのだから、下が暗くて当然である。
そこに意外性はなく、諺として成立しないのではないか。

沿岸の危険物を照らす目的で「照射灯」という灯火も存在するが、これは危険物をしっかり照らしているので、その下が暗くとも航海保安上の問題はない。
▼続きを読む

なんて、航海中の暇つぶしに考えてたんですが、どうやらこの灯台は部屋の中で使う「灯明台」のことらしい…。
なんでも「こっち」系に捉えてしまう、悪い癖ですね。

▲閉じる

スポンサーサイト
[2016.10.27(Thu) 15:52] 雑談Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

ふ~む!? by メバル所長
お久しぶりです、甲型さん。
お元気に生きていた様子で、まずは一安心。
灯台灯台下暗し、知っていました。
昔の伊豆は田舎のため、子供の頃は電気が無く、菜種油の灯台使っていましたから。
というのは、冗談ですが、狩野川台風(知っていますか?)の時は、天ぷら油に漬けた布の芯に火を付け、灯りとした記憶が有ります。
灯明台って言っても、今の人には分からないでしょうね。
化け猫が油をなめるの・・・あれは行燈か。失礼しましたm(__)m


by 大和甲型
また1ヶ月ほど放置してしまいましたが、相変わらず元気に生きております。
少しくらい不健康な方が可愛げがあるくらいです(笑)

実際、灯明台っていつごろまで使われてたんでしょうね。
電気インフラが全国に行き渡ったのは戦後しばらくしてだそうなので、地方ではメバル所長さん世代でも使っていたかもしれません。
狩野川台風…すみません、分かりません。
でも、停電時の灯りには役に立ちそうですね!

コメントを閉じる▲

男の修行 

苦しいこともあるだろう。
云い度いこともあるだろう。
不満なこともあるだろう。
腹の立つこともあるだろう。
泣き度いこともあるだろう。
これらをじつとこらえてゆくのが男の修行である。

などとカッコ良い言葉を残した某提督は、戦争方針について軍令部に言いたいことを言った挙句、海軍を分裂させミッドウェイで大敗北して帰ってきたわけである。
▼続きを読む

ミッドウェイ攻略の賛否はともかく。

言うべきことを言う、というのも大事なことで、ただじっとこらえるだけではいけないこともある。
件の提督も、「ダメなことをダメとはっきり言える奴は貴重だ」と言って首席参謀の黒島亀人を重宝したそうであるし、「じっとこらえるのが男の修行だとは言ったが、俺自身が修行中の身とは言っていない」というスタンスだったのか。
しかし、後知恵ではあるものの、あそこはじっとこらえるタイミングだったろうと思う。
なんというか、名言・格言として語り継がれる割に、実行が伴ってないように感じられてならない。

戦争指導は軍令部(というか大本営)が行うべきもので、連合艦隊は実行部隊でしかない。
意見具申程度ならともかく、GF長官が軍令部に対して「俺の計画が容れられなければ職を辞す」などというのは筋違いも甚だしい。
これでは統率も何もないだろう。

分をわきまえることと信念を貫くことは、なかなか両立しない。
特に軍事組織において、上からの命令は絶対であるし、意見を違えた時は上級司令部の真意を汲み取り、飲み込む努力をしなければ筋が通らない。
一方で、指揮官としては、信念を貫く気概もなくてはならない。
このバランスは極めて難しい。
筋を通さず、信念だけを振りかざせば、それはもはや只の頑固だし、芯がなく迎合するだけではイエスマンの誹りは免れない。

某提督は、一度決めたら考えを変えない人だったと言われるし、どちらかと言えば前者なのだろう。
「男の修行」というのは、自分の至らない点への反省、あるいは自身への戒めだったのかも知れない。
格言の内容云々よりも、偉人だって自己を省みるのだという教訓の方が得るものがありそうだ。

▲閉じる

[2016.08.19(Fri) 22:08] 雑談Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


シン・ゴジラ 

2016年07月31日 ()
「シン・ゴジラ」、観てきました。
怪獣映画なんて何年ぶりでしょうか。
小学生の頃に「ゴジラ対デストロイヤー」を観て以来かもしれません。
「ゴジラ」だから、というよりは「庵野秀明と樋口真嗣のタッグ」ということで興味をそそられた感は否めません。
総評でいうと「実写版エヴァンゲリオン」

以下、軽いネタバレを含みます。
核心に触れるような内容は極力避けます。
▼続きを読む

言った通り、ゴジラ映画は小学生以来ということで、過去作品を殆ど覚えていないため、ほぼ予備知識なしでの鑑賞となりました。
どうも過去作品を知っているとニヤリとするオマージュが散りばめられていたようですが、そんなものなくても文句なしに楽しめました。
ただ、怪獣映画というよりは災害映画という感じ。
話の主役は内閣災害対策本部であり、未曾有の害獣に対して現行法制の中で如何に対処していくか、という政治的な要素が多分に含まれます。
管轄省庁の選定から、地方自治体との連携、自衛隊派遣の可否、日米安保や国連安保理との駆け引きなどが綿密に描かれています。
一方で、せっかく防衛出動が下令されたのに民間人の避難が完了するまで発砲が許可されない、武器使用に一々上の許可が要る等の、自衛隊作品ではお馴染みの展開もあります。
そして、上陸したゴジラに対する迎撃作戦。
最終的に武器の無制限使用が許可され、多摩川を防衛線とする「タバ作戦」が決行されます。
タバってなんやねんって思いましたが、「多摩」の旧称だそうです。(「丹波」→「タバ」→「多摩」だそう。諸説あり)
軍オタ的に気になる登場兵器は
固定翼機:F-2A(JDAM装備)
回転翼機:OH-1、AH-1S、AH-64D
装甲車両:10式戦車、99式自走155mm榴弾砲、16式機動戦闘車、MLRS、82式指揮通信車、軽装甲機動車
誘導弾:96式多目的誘導弾システム
この他、在日米軍とかグアムのステルス爆撃機とか。
私的に活躍して欲しかった海上自衛隊は、海中のゴジラ捜索のシーンで6護隊が出てきた(30秒くらい)ほかは、住民避難で「いずも」「おおすみ」が出てきた(5秒くらい)のみでした。
ちょっと残念(´・ω・`)
心情としては、海中のゴジラにASROC撃ち込むとことか、浮上したところでハープーンの一斉射撃とか見たかった!
とは言え、洋上で倒しちゃったら話が盛り上がらないし、対艦ミサイルやら魚雷やら食らっても倒せないとなると、その後の地上戦があまりに絶望的だしで、ストーリー上しかたがないのかなと…。
そして、ゴジラといえば熱線放射ですが、演出がめっちゃカッコいい!!
吐き出した火炎が高温のあまりプラズマ化して放射されるというシークエンスは、説得力もあり引き込まれます。
あと、口からだけじゃなく背びれや尻尾からも放射できます。
停電した漆黒の東京都心で妖しく光るゴジラの姿が印象的でした。

で、冒頭で実写版エヴァと言いましたが、これはもう見ていただければ分かります。
ストーリー、演出、セリフまわし、テロップ、コマ割りなど随所がエヴァ、と言うか「庵野だなぁ」という感じ。
ラストの「ヤシオリ作戦」のあたりは、いっそ清々しいほどの「ヤシマ作戦」でしたね。
鉄道やビルが武器に転用されるくだりは第3新東京市そのものだし、大量のタンクローリーを高圧ポンプ車に連結して使うのは「ポジトロンライフル」の送電車両を彷彿とさせます。
そして最後、敢えて意味深な終わり方をして「あとはご想像にお任せします」といういつものアレも健在。
すでにネット上で様々な議論が起こってますね。
私はこういうの傍観するのが好きなので、敢えて持論は述べませんが(笑)

とにかく、特撮好き、自衛隊ファン、エヴァファンと色んな層が楽しめる作品だと思います。
一般受けするかどうかは知らん。

▲閉じる

[2016.07.31(Sun) 23:59] 自衛隊Trackback(0) | Comments(4) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

もう、観終わった感じ!? by メバル所長
そうか、実写版「エヴァンゲリオン」ですか
あの、グチグチしたファザコンの主人公はともかく、周りの気が強くて色っぽいお姉さん達は好きでした。
そこら辺は、「石原さとみ」さんがカバーしているのでしょうか。

予告編を観て思ったのは、なんとかしてゴジラの皮膚の一片を採取し、培養すれば最強の装甲が作れると。
ゴジラの皮膚を纏った10式戦車改とか、「いずも」もヘリ甲板をを皮膚で覆えばF35Bの発着は楽勝、対艦ミサイルの直撃にも耐えられるでしょう。
もっとも、中にいる隊員は、生臭い匂いに耐える必要があるかもしれませんが(*^^)v

もう1回見に行きたいなぁ、くらい思ってます(笑) by 大和甲型
そう言えば、シンジ的なキャラはいませんでしたね。
エヴァは思春期の中学生が主人公、シン・ゴジラはヤリ手の若手政治家が主人公なので、当然と言えば当然なんですがw
アスカとレイのポジションの人はいました。

ゴジラの皮膚、対戦車ミサイルの直撃にも耐えてましたね。
10式戦車の徹甲弾と米軍のバンカーバスターのみが貫通してました。
おまけに自己修復機能つき!
ただし、放射線を放ち続けてるので、乗員が被爆する危険が…。

by ムスペルヘイム
儂はエヴァが元々まったく好きでもなんでもないので、エヴァを見たいんじゃない、ゴジラを見せろというのが見終わった後の正直な感想ですかねぇ。

元々、エヴァの前にやっていて毎週好きで欠かさず見ていたアニメTAミュータントタートルズが、いきなり打ち切り同然で強制終了して次の週からエヴァが始まったので、儂はエヴァにまったく善い印象を持っていないというのも根底に少なからずあるでしょうが(それって逆恨m)

アスカっぽい立ち位置の石原さとみもなんというかコレジャナイ感というか、感情移入がまったく出来ませんでしたね。
というか日系アメリカ人出すよりも、普通に綺麗な金髪白人のねーちゃん出して欲しかったです。日本人女優だと、どんなに英語頑張っても日系アメリカ人には見えないので…この辺は映画版ローレライのヒロインだったパウラ・エブナーと同じものを感じました。

エヴァ嫌いだとキツいかもですね。 by 大和甲型
怪獣映画と言うより、災害ポリティカルアクションといった感じでしたよね。
純粋にゴジラが見たい!って人には、コレジャナイ感があるかもですね。
忍者亀については、完全な逆恨(ry

日本映画って、主役級に外人キャストを持ってくることないですよね。
進撃の巨人もそうでしたが。
ただ、金髪白人のねーちゃんは、どうみてもムスペさんの趣味w

コメントを閉じる▲

アラフォーだって「女子」でいいじゃない 

2016年03月23日 ()
テレビでアラフォー女子とかアラサー女子とかが話題になると、ネット上では「おばさんが女子とか言ってんじゃねーよ」みたいな反応になる。
だが、ちょっと待ってほしい。
ほんの70年前、帝国軍人の皆さんはアラフォーだろうとアラフィフだろうと
こ れ ぞ 男 子 の 本 懐
とか言いながら戦っていたのである。
彼らは決してただのおっさんではなかった。
あの時代、誰よりも輝いていた。
今の時代、アラフォー女子が誰よりも輝いているかどうかは知らないが。
[2016.03.23(Wed) 20:10] 雑談Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

この歳になると by メバル所長
アラフォーだって
女子って呼んでも良い。
(甲型さんとは違う意味で)
( ^^) _U~~


確かに by 大和甲型
メバル所長さんからすると、アラサーだのアラフォーだのは瑣末な問題ですね(笑)
私も10代の頃は、30歳はオジサンオバサンだと思っていましたが、いざ自分がこの年になるとまだまだ若いと思ってしまいます。

コメントを閉じる▲

横浜港散策 その2 

前回の続きで、海上保安資料館横浜館の紹介です。
海上保安庁に関する様々な展示がありそうな名前ですが、扱っているのは北朝鮮工作船のみです。
海猿とか好きで行くとガッカリすると思います(笑)

工作船1
引き上げられた武装工作船の全景。
それなりに腐食していますが、保存状態は良好です。
引き上げ当時(まだ中学生だったと思います)、お台場に展示されているのを見に行った覚えがあります。
横浜に移転してから見るのは初めてです。

もう一般の記憶からは忘れられようとしている上に、今の高校生以下はそもそも知らないんじゃないかと思いますので、九州南西海域における工作船事件について簡単に振り返りましょう。
今から15年前の平成13年12月、鹿児島付近に覚せい剤を密輸していたと見られる北朝鮮工作船を海上自衛隊の哨戒機が視認、通報を受けた海上保安庁の巡視船艇が補足・追尾するという事件が起こりました。
度重なる停船命令及び警告射撃を無視して逃走する工作船に対し、巡視船が船体射撃ののち接舷を試みたところ、工作船は自動小銃や機関銃、果ては対戦車ロケットまで用いて攻撃してきました。
やむなく巡視船は正当防衛射撃を実施しましたが、数分ののち工作船は自爆・沈没しました。
この事件により、北朝鮮工作船による犯罪行為の実態が明らかになりました。
▼続きを読む

工作船2
船体後部の観音扉や、差し替え式の船名板など工作船の特徴的な構造を間近で見ることができます。
船名及び船籍港は、板をはめ込んで容易に偽装することができました。
また、事件当時は中国国旗を掲げていたそうです。

工作船内
船尾格納庫
船内に上陸用舟艇を格納するため、特殊な構造をしています。
船体射撃により空いた破口に、防水のためウエスや木栓を打ち込んだ跡が残っていました。
また、自爆のために一部が破壊されています。

工作船搭載艇
搭載されていた上陸用舟艇
こちらも漁船に偽装していますが、格納式の操舵室や900馬力のエンジンなど明らかに不法行為用に設計されています。
母船で沿岸まで近づき、この舟艇で陸岸に接触していました。
本事件で起訴された覚せい剤密売以外にも、工作員の不法出入国や日本人の拉致に使用されていたと考えられています。

工作船機銃
武装工作船に装備されていた連装対空機銃
ロシア製ZPU-2と推定されます。
操舵室後部に隠匿されていました。

工作船搭載武器1
工作船搭載武器2
回収された武器類
無反動砲、ロケットランチャー、機関銃や自動小銃などがごろごろ。
巡視船側に死者が出なかったのが、不幸中の幸いでした。(負傷3名)

北朝鮮による不法行為が現在も続いている現実を忘れてはなりません。
この資料館は、そのことを強く思い起こさせてくれます。
デートで行く場所じゃないですが、赤レンガ倉庫の隣なので興味のある方もない方も立ち寄って欲しいです。

▲閉じる

[2016.02.15(Mon) 18:41] 雑談Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


横浜港散策 その1 

2016年02月14日 ()
更新しようと思い続けて放置していました。
お久しぶりです(笑)
もう先週の話なんですが、横浜港へ行ってきました。
写真の整理がやっとできたので掲載します。

NYK資料館
なんでいきなり横浜港? って感じですね。
久々にジョギングしようと思いまして、前々から行ってみたかった日本郵船歴史博物館に行こうと決めました。
横須賀から約20km、天気も良く2時間くらいで着きました。
▼続きを読む

すみません。
館内撮影禁止だったため、博物館の写真はこれだけです(^^;
NYKの歴史のみならず、日本の海運史や商船の構造など魅力的な展示で、船好きなら存分に楽しめる内容です。
NYKの代表格「氷川丸」や「飛鳥」の大型模型は圧巻ですし、空母「隼鷹」「雲鷹」「冲鷹」の前身として知られる豪華客船「橿原丸」「八幡丸」「新田丸」についての展示もあります。
一見の価値ありです。

赤レンガ倉庫
所変わって横浜新港埠頭の赤レンガ倉庫です。
神奈川出身のくせに、実は来るの初めて。
ジャージ姿で来るところではないですね(笑)
私は、函館の金森倉庫の方が好きかなぁ。

横浜港1
新港埠頭から眺める横浜港。
右が大桟橋で、その隣がベイブリッジ、左が海上保安庁の防災基地です。
大桟橋もまだ行ったことないので、行ってみたいですね。
防災基地には、海保資料館横浜館が併設されていて、某国工作船が保存されています。
これについては、「その2」で紹介する予定です。

氷川丸望遠
同じく新港埠頭から「氷川丸」を見る。
大桟橋埠頭ビルが邪魔で、全容は見えません。
「氷川丸」は去年行きましたが、そう言えば写真載せてないですね(^^;

横浜港2
新港埠頭5号岸壁。
日本有数の貿易港を支えるタグボートが係留されています。
WL情景シリーズに出てきそうな、奥のハンマーヘッドクレーンが素敵ですね!
世界遺産になった長崎造船所のジャイアントカンチレバークレーンと同時期に導入されましたが、こちらはもう稼働していません。
そして、右端に何やら怪しい船影が…。

MLP
米海軍の機動揚陸プラットフォームが!!
遠すぎて船名は見えませんが、恐らく横須賀港にも度々来航している1番艦「マウントフォード・ポイント」と思われます。
なぜ横浜港にいたのかは分かりません。ノースドックと呼ばれる在日米軍の補給基地だそうです。知らなかった…。(28.2.20追記)
LCACは載せていませんでした。

横浜港駅跡
岸壁近くに残された横浜港駅の跡。
昔は、ここまで鉄道が来てたらしいです。
貨物列車とかも走ってたんだろうなぁ。

戦果
海保の資料館で売ってたマグカップ。
一目惚れして買ってしまいました。
船や信号旗がデザインされたものは見たことありましたが、海図がそのままプリントされたものは初めてです。
海上保安庁ならではですね。
WチャートではなくJPチャートなのが、残念と言えば残念かも(笑)
ちなみに、海図からは横浜港って消滅したんですよ。
東京港・川崎港と合併して、京浜港になっちゃったんです。
海図マグカップにも京浜港横浜区と英字で書かれています。

▲閉じる

[2016.02.14(Sun) 23:59] 雑談Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

あそこは日本郵船博物館だったのですか? by メバル所長
昨年の、観艦式(予行)の前日、大桟橋の「いずも」を見学に行った時に、そのビルの前を通りました。
歴史ある建物とは思いましたが
博物館とは知りませんでした。
それに、某国の工作船は防災基地に在るとは!
「いずも」見学の後、赤レンガ街のドイツビール祭りで飲んだくれることなく、行けば良かった。残念(・_・;)
次回の観艦式は、自衛艦の一般公開と博物館めぐりだけでも行こうと思います。当然、観艦式の乗艦は、本命で狙いますがWWW
しかし、20km走破!若いですね。
帰りは京急、それとも走ったのでしょうか?

関内駅の近くのとこですね。 by 大和甲型
あの辺りは繁華街としてだけでなく、史跡探索でも見所満載ですよ!
次は日本丸と税関博物館を見に行こうかと思っています。
次の観艦式では、氷川丸と併せてぜひ見学してみてください(^^)
氷川丸の機関室とブリッジは、当時の造船技術を知ることができ、軍艦ファンにとっても必見です。

帰りは京急です(笑)
まだフルマラソンはキツいですね…!

コメントを閉じる▲

奥深き軍艦旗 

艤装品の表現「軍艦旗と旗竿」の補足を、更に追記しました。
調べれば調べるほど新たな謎に直面します。
軍艦旗の歴史を扱った書籍はありますが、艦艇における軍艦旗の取扱いと掲揚法だけでも1冊書けそうです(笑)

同じ時期、同じ艦艇であっても掲揚している軍艦旗と将旗の大きさが変わっていたりして、使用している旗章のサイズに法則性が見出だせません。
機会があれば、法令から調べてみようかとも思います。
[2015.04.15(Wed) 23:59] 雑談Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


「いずも」に謎の装備があるんだけど…。 

この書き込みは、保護対象である特定情報を含む恐れがあるため、自衛隊法第59条に基づき運営会社に削除要請を行いました。
情報漏洩の防止にご協力いただき、ありがとうございました。

情報保全隊 SNS対策室 FC2担当
▼続きを読む

<エイプリルフール!!>
おい、このネタって7年前にもやったやつだろ!?
使い回しかよ!

てゆーか、なんかエイプリルフールって言うと面白い嘘つかなきゃって、変な使命感に駆られる…。
もはや脅迫観念と言うか…!
実際に「いずも」に謎装備があるかどうかは知らない。
あんだけデカかったら、なんかありそう(投げやり)

<念のため>
実際は、こんな検閲みたいなことはやってないよ。
防衛省はクリーンな組織だよ。

<新年度なう>
26年度内の完成を目指した「みらい」は見事に完成しなかったね(`・ω・´)
割れた格納庫の復旧ができたのが昨日なんだ…。
クリアラッカー吹いたから、これから白線塗装やり直しw

▲閉じる

[2015.04.01(Wed) 23:59] 自衛隊Trackback(0) | Comments(3) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

う~ん by メバル所長
山田君、座布団一枚と行きたいところですが・・・
今一でした。

じゃあ来年のネタを置いておきますね。 by ムスペルヘイム
むしろ、4月1日は嘘を吐かないことで、実際は正直でも何でもない自分を偽る…つまり、自分自身に対して嘘を吐いているんです!これこそ嘘を吐いてイイ日であるエイプリルフールにおける究極の贅沢、「セルフ(ぼっち)エイプリルフール!」

け、決して巧い嘘が毎年思い浮かばないだけじゃないんだからねっ!

てゆーか、AFってどういう文化なんですか by 大和甲型
 メバル所長さんへ
て、手厳しいw
座布団没収されないだけマシでしたね…!

 ムスペさんへ
私はショウジキモノですよ?(汗
サイト閉鎖ネタも過去にやったし、定番どころは出し尽くした感ですねw
来年は何やろうかしら。

コメントを閉じる▲

三浦半島最高峰踏破 

2015年03月27日 ()
実は昨日の話ですが、代休日だったんでちょっくら山登りしてきました。
と言っても、遠出するほどの意気込みでもないので横須賀市内です(笑)
三浦半島最高峰の大楠山を目的地とし、横須賀市推奨のハイキングコースに基づいて塚山コースで進出、衣笠コースで帰投という計画。

横須賀港全景
塚山公園から見下ろす横須賀港。
修理中の原子力空母とか停泊中のイージス艦が見えます。
真ん中の白いのは、オブザベーションアイランドの後継として配備されたミサイル追跡艦「 ハワード・O・ローレンツェン」。
SFちっくな後部上構がカッコ良い!
逸見岸壁に新鋭護衛艦「いずも」が回航されている筈ですが、手前の高台が邪魔で見えないw


▼続きを読む

大楠山登山道
いきなりすっ飛ばして大楠山に到着。
ちなみに、塚山コースの所要時間2時間30分は、田浦駅→大楠山登山口が2時間で登山口→山頂は30分というウォーキングメインじゃないかと小一時間問い詰めたい仕様となっております。
しかし、舗装されているとは言え、塚山付近のアップダウンもあるのでいい運動になります(^^;
そして肝心の大楠山登山道。
階段が設けられているのですが、長いこと整備されておらず崩落、流出しまくりで足場はめっちゃ悪いです。

江ノ島方面
山頂からの眺望。
展望台もあり、三浦半島を一望できます。
右奥に見えるのは江ノ島、左手前は雨量観測レーダーで、空気が澄んでいれば富士山も見えるとのこと。
この日は、静岡方面に雲があったので山頂が僅かに覗く程度でした。

横須賀方面
横須賀港方面。
左端に住友重工の門型クレーンが見えますが、横須賀港内は殆ど見えませんw

走水方面
横須賀新港方面。
左端が猿島及び第2海堡で右奥が防衛大学校になります。

たかなみ?
城ヶ島沖を航行中のたかなみ型護衛艦。
相模湾〜浦賀水道を一望できるため、艦艇ウォッチングにも良さそうです。
遠いけどw

うらが?
観音埼沖を北上中の掃海母艦「うらが」。
次は双眼鏡を持っていこうかなと。

衣笠神社
でもって大楠山からの衣笠城趾→衣笠公園を経て衣笠神社でございます。
衣笠と言えば日本海軍の重巡洋艦ですね!
大楠山から衣笠城趾に抜けるコースはゴミ処理場建設のために閉鎖されており、迂回路が設定されているのですが、大畑橋のあたりがめちゃくちゃ分かりづらいです。
衣笠公園は「桜の名所百選」に選ばれた事もあるそうです。
残念ながら、まだ全くと言っていいほど咲いてませんでした。

なんだかんだ6時間くらい歩きましたかね!
おかげで今日は一日中、筋肉痛でした(笑)

▲閉じる

[2015.03.27(Fri) 23:59] 自衛隊Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


艦内恋愛 

前々から宇宙戦艦ヤマトでの恋愛描写を絡めてネタにしようと思っていた話題である。

>>護衛艦で勤務中にわいせつ行為、懲戒処分
>>海自カップル護衛艦でわいせつ…「お互い同意」も上官にバレた
すでに全国ニュースにもなってしまい、コメントやらメールやらでも問い合わせを受けている今回の事件。
一番の被害者は、謝罪している艦長だろう。
事件後に着任した、本事案と全く無関係の人物である。
まぁ、それは良いとして。
▼続きを読む

宇宙戦艦ヤマト(実写版)では戦闘班長が女性パイロットを押し倒し、宇宙戦艦ヤマト2199では船務長を巡って戦術長と砲雷長に軋轢が生じたり、戦術長を巡って船務長と女性パイロットが不穏な空気になったり、航空隊長が衛生員と交際の果てに妊娠させたりとヤりたい放題であった。(なお、我らがバーガー少佐の場合は、交際相手が同じ艦に転勤してきたパターンなので責を問われる案件ではない)
これらの描写に違和感を覚えた艦艇勤務者は、少なくないのではないだろうか。

地球防衛軍や国連宇宙軍は知らないが、少なくとも海上自衛隊において艦内恋愛は御法度である。
恋愛なんて個人の自由じゃん、と思うかも知れないが、艦艇という環境の特殊性を考慮すれば、それが一般の社内恋愛と同列視できないことは自明だ。
世間から隔絶された洋上で、閉塞された艦内に1週間~3週間も閉じ込められる超閉鎖社会である。
自衛艦の定員に占める女性の割合は1~2割程度しかなく、艦内恋愛を許容すれば男女トラブルがどうしたって発生する。
また、ただでさえ血気盛んな集団の中で、パートナーのいる一部の乗員のみがいちゃついたり、あまつさえ性交に及ぶような事が公に行われれば、その他の隊員は当然フラストレーションが溜まるだろう。
乗員の不和は艦の戦闘力を低下させ、いじめやパワハラの温床となって服務事故を誘発する。
戦闘集団にあって、最も忌避すべきものだ。
本事案のように職務放棄してまで猥褻行為に及ぶなど、言語道断である。
ちなみに、ワープ航行は総員配置という設定から言えば、実写版ヤマトの古代進は戦闘班長という配置を離れて部下の自室で猥褻していたクソ野郎であり、懲戒処分ものである。
キムタクだからと許されるものではない。

ただし、恋愛感情が芽生えること自体は当然あるので、艦内恋愛=懲戒処分ということはない。(本事案は、あくまで職務放棄と猥褻行為に対してである。)
もし、艦内恋愛が発覚した場合には、どちらか一方が転勤となるのが常である。
部隊さえ違えば、自衛官同士の恋愛・結婚は制限されていない。(むしろ推奨する人もいる。)

さて、懲戒処分とは言え、二名の名誉のために敢えて書き加えておく。

>>まきなみ護衛艦の勤務中にわいせつ行為を及んだ隠された真相!
>>まきなみ護衛艦の勤務中にわいせつ行為が発覚!不倫関係の秘密
このような記事もあるが、“隠された真相”どころか全くの事実無根である。
両名とも独身であるし、もし不倫であったなら停職などでは済まない。
懲戒免職である。
存在しないはずの“妻”との“関係は良好”とはどういう事なのか。完全な創作である。
この記事の筆者は“海士長”についても勘違いしており、あたかも部下を率いる役職であるかのような書き方をしているが、長と言えども海士である。(入隊して1~2年でなれる)
“部下にとって男性海士長のスキャンダルはなかなか報告をすることが出来ません”?
海士長にどんだけ影響力あるってんだよ。
だいたい、「○○と言います」をやたら多用しているが、誰が言ったと言うのか。
言葉のイメージだけで面白おかしくデマを書き立てているのが分かる。
甚だしく不愉快である。

▲閉じる

[2015.02.22(Sun) 21:37] 自衛隊Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

面白い記事です。 by タシャン
非常に参考になります。これからも海上自衛隊内部についての記事を期待しています。

自衛官も人間ということですね(^^; by 大和甲型
「自衛隊」というもの理解してもらうには、訓練がどうとか任務がどうとかも大事ですが、こういう下世話な部分も必要だと思うんです。
私も我が身が大事なので、当たり障りのない記事しか書けませんけどね!
あまり期待はしないで下さい(笑)

コメントを閉じる▲

TOP | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。