2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - » 2017.11
TOP > CATEGORY > その他の模型
TOP

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


HGシリーズ シン・ゴジラ 

正月からこんな記事かと自分でも思うんですが(笑)

HG シン・ゴジラ
昨年、シン・ゴジラにどハマりしたもののグッズ類には手を出さずにいました。
が、たまたま年末に再入荷したガシャポンを見つけて、ついつい回してしまったわけです。
HGシリーズですね。
なお、シンゴジ当てるのに10回も回しました…。
旧版ゴジラはジオラマにでもして遊ぼうかな。
▼続きを読む

1954
いわゆる初代ゴジラです。
目がクリクリしててかわいい(ぉ
結構よくできてます。
ノンスケールですが、カプセルのサイズに合わせて3体とも全高65mmに統一されていますので、設定全長50mの1954年版は1/769になります。

1989
VSシリーズのゴジラです。
頭が小さくなってスタイリッシュになりました。
1989年版は設定全長80mなので、1/1231になります。
でも、ゴジラって膝曲げて前傾してるのが基本スタイルだと思うんですが、80mってのはこの姿勢での高さでいいんですかね?
それとも膝も背筋も伸ばした状態?
65mmってのはフィギュアの全高なので、スケールには多少の誤差を含みます。

2016
で、本命のシン・ゴジラ。
とにかく尻尾がデカい。長いし太い。
最も出にくかった割になんか手抜き感が否めないのは、塗装のせい?
目がオレンジって…。
造形は悪くないと思います。
スケールは設定118.5mなので、1/1823になります。

<護衛艦VSゴジラ>
20170102e.jpg
初代ゴジラ(1/769)とイージス艦(1/700)を並べてみました。
思った以上にゴジラ小さい。
ミサイルなんか使わなくても、速射砲で吹き飛ばせそうです。
と言っても、当時の護衛艦はイージス艦の1/5くらいのPFが主力だったので、全長50mでも十分脅威でしょうね。

20170103a.jpg
VSゴジラ(1/1231)とイージス艦(1/1250)
一気にデカくなりました。
速射砲では有効打たり得ないかもしれません

20170103b.jpg
シン・ゴジラ(1/1823)とイージス艦(1/1400)
ちょっとスケール違うけど…。
やはりシンゴジはデカいですね。
陸自の戦車砲や榴弾砲くらいじゃどうにもなりそうにありません。
鎌倉上陸前に水上部隊と一戦交えるシーンが欲しかったなと改めて思います。

▲閉じる

スポンサーサイト
[2017.01.03(Tue) 17:39] その他の模型Trackback(0) | Comments(4) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

明けましておめでとうございます。 by メバル所長
酒飲んで、食べて、寝ての正月でした。
ブログも更新せず、他のブログの訪問もしませんでした。
今日開いて見て、貴ブログが更新されていたのでビックリ\(^o^)/

シン・ゴジラそして他のゴジラも、こうして模型で比べて見ると5インチ砲でも、なんとかなりそうな気がします。
大和級の46センチ砲なら、バッチリな気がします。
江田島や呉の40センチ砲持ってきて
徹甲弾で撃てば、結構効くんのでは。

ところで、正月で2kg太ってしまいました(・_・;)

by 隊員
はじめまして。(貴ブログは拝見させていただいております)

あけましておめでとうございます。

☆☆☆

模型工作隊の隊員と申します。乙とか丙、艦番号で称呼される艦船(艇)を主に作っております者です。どうぞよろしくお願いいたします。

さて
貴ブログを拝見させていただきまして「シン・ゴジラ」HGのコラムにて影響を受け、先ほど通販にて3体セット注文!
小生、艦船をやりなから時々こういったアイテムが好きでパテもりリペイントを。。。(未だ数アイテムしかありませんが)(-。-;

初めての書き込みで、馴れ馴れしく 申し訳ありませんでした。
失礼いたしました。

メバル所長さんへ by 大和甲型
明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。m(_ _)m
私も、この冬は防寒仕様の身体になってしまいました…。

劇中でも地中貫通爆弾で有効打を与えてましたから、戦艦の主砲ならかなり効きそうですね!
対ゴジラ用に第2海堡を再び要塞化…。
今なら横須賀に陸奥の41cm砲がありますよ(笑)
砲身だけですが。

隊員さんへ by 大和甲型
初めまして!
大和甲型と申します。
拙いブログですが、これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

ガチャを散々回した後で、Amazonで3体セットが売られていることを知りました…。
初めから通販にした方が賢明ですね。
最近のガチャや食玩はクオリティも高くて、いじりがいがあると思います。
作品を楽しみにさせていただきます(^^)

コメントを閉じる▲

あらいぐま ラスカル 

ホワイトデーなんか今までノータッチだったんですが、なんやかやありまして…。
とは言え、食べる派スイーツ系男子の大和甲型はお菓子作ったりはできないので、嫁の好きなキャラクターのフィギュアでも作るか、ということで。

ラスカル
はい、あらいぐまラスカルです。
モデルは、上記リンク先のスタンプ一覧1段目中央のやつ。
普段は艦船模型しか作らないので、梃子摺りながらも新鮮で楽しかったです(笑)
▼続きを読む

ラスカルうしろ
後ろ姿。
太いしっぽがいい感じにラスカルしてるかな、と。
しかし、顔と言いしっぽと言い、ラスカルってレッサーパンダじゃねぇの?って思うんですがw

ラスカルした
おしりにネオジム磁石が仕込んであります。
冷蔵庫とかにくっつきます(笑)

酢酸エマルジョン樹脂
使ったのは、「みらい」の電飾で使ったダイソーの樹脂粘土です。
本来はスイーツデコ用ですが、小物なら何にでも使えます。
ただし、本質は濃いめの木工ボンドなので、大きな造形はできません。
乾燥する前に自重で崩壊します(^^;

ラスカル塗る前
手でコネコネして、ある程度の形にします。
樹脂同士は互いに融解接着するので、継ぎ目はほとんど目立ちません。
このサイズでも厳しいらしく、頭の重さに耐えかねてお腹に皺が出来てます。(´・ω・`)サンダンバラ

ラスカル下書き
本来は成形色にニスを塗って仕上げるものですが、今回は塗装するためサーフェイサーを吹いて下地を作ります。
また、耐水ペーパーで軽く水研ぎして、細かな凹凸も処理します。
塗り分けラインをコピックで下書きし、ケガキ針で当たりを付けていきます。

ラスカル基本塗装
筆とエアブラシで塗っていきます。
しかし、艦船モデラーのため、キャラクター系の塗料は持ち合わせていません。
白はフラットホワイト、顔と模様の茶色はハルレッド(艦底色)、周りのアイボリーはデッキタン(木甲板色)とイエロー、オレンジを適当に混ぜて作りました。
それっぽくなるものですね(笑)

▲閉じる

[2015.03.14(Sat) 23:59] その他の模型Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

熊太郎 by -
愛だね♪

by 大和甲型
愛ですね(^^ゞ

コメントを閉じる▲

メタリック ナノパズル「東京スカイツリー」 

ちょっと遅めの冬休みということで、東京スカイツリーに行ってきました。

でかい
とにかく大きいです。
そびえ立っています。
何がびっくりって、高さの割に細い。
この狭い土台(しかも地下の殆どは商業施設で空洞)でこれだけものを支えているのか、と驚愕します。
▼続きを読む


高い
攻殻機動隊ばりに赤灯が眩しい永田町近辺
高さ450mからの眺めは格別でした。
でも、このブログにこういう話題は期待されてないと思うのでサクサク行きます(笑)

近未来
天望回廊
夜に来ると、なんか宇宙船みたいでカッコいい!!

ちっちゃい
みやげ売り場で売っていた東京名所のカプセルトイ
原型は安定の海洋堂で、それなりの出来でした。特に東京タワーはいい感じ!
都庁と国会議事堂も欲しい。
ちなみにノンスケールです。

細い
そして、勢いで買ってしまったナノパズルのスカイツリー
ステンレス板をレーザーカットしたものをパチパチと組上げていきます。
3時間ほどで完成しました。

細かい
トラス構造が全て抜けているので、かなり精密感があります。
展望台も存在感がありますね。

眩しい
基本的に円筒なので、自分で奇麗な正円にしなければなりません。
ペンや工具の柄でコロコロしてやると簡単に出来ます。
スカイツリーの特徴である、根元の三角形が上に行くに連れて徐々に円になっていく構造は是非とも拘りたいですね。
色を塗ろうかとも思いますが、金属地肌も模型映えするので迷います(^^;

▲閉じる

[2015.01.07(Wed) 23:59] その他の模型Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by ムスペルヘイム
徒歩10分~15分の所の地元民です(ぉ)

この季節、展望台の屋根で氷結した、人間の顔面サイズの氷塊が落ちてきます。割とマジで危険だったりしますw

ちなみに天望回廊は斜めスロープになっている事もあって、高所恐怖症の人にとっては外を眺めるどころじゃない、有り難くないスポットですw

つか、言ってくれれば地元の美味い店とか紹介したのにw
美味しい助六寿司、いなり寿司屋があるんですよw

by 大和甲型
徒歩圏内なんですかw
あの辺なんだろうなぁ、とは思いましたがw

地上400mから投下される氷塊…。
めっちゃ危ないと思うんですけど、よくケガ人がでませんね(ーー;
高所恐怖症の人は登らない方がいいですね!w

あんま錦糸町界隈は歩いた事ないんで、今度お願いします!
いなり食べ行きましょう。いなり。

コメントを閉じる▲

1/32 ハリケーンソニック製作(第二回)  

今日は12/10って事でマレー沖海戦の話でもするかと見せかけてミニ四駆製作記です。うはww
先ずは↓現在の製作状況。
穴開け完了ーっ。
全てのエアインテークとヘッドライト部の開口が完了しました。
ピンバイスの使い過ぎで指イタスw
ミニ四駆のボディって無駄に肉厚な気がしまつ。いや、強度上の問題で無駄じゃないんだろうけどw



▼続きを読む

ここはモーター冷却にも良さそうねw
エアインテーク全景。
今回追加したのはコクピット両脇のエアインテーク。矢張りシール貼るよりカッコ良いですw
あと、この位置だとモーターの冷却にも一役買ってくれそうですね。
リヤカウルの開口部もそろそろ内部の工作しないとw

どう処理しようかねぇ、前照灯w
お次はヘッドライト。
内部にはLEDを仕込むとして、開口部には透明なカバーを着けなくてはなりません。前回は塩ビ板をヒートプレスして作ろうか等と言っていましたが、ちと計画変更です。
ちなみに、形通りに切ったプラ板を貼っとけば良いのではと思われるかも知れませんが、透明パーツは接着剤がつくとアウトなので出来ればノリシロが欲しい訳です。ヒートプレスなら絞った淵の部分がその役目を果たしてくれますが、プラ板ではある程度の厚さがないと難しく、厚さがあると今度は入手と加工が面倒という事になります。特に加工w
そしてヒートプレスだと肝心の型を作るのが面倒なんですよね。開口部をそのままトレースしても駄目なわけでw
つーこって、今ちょっと思索中です。まぁアイディアは固まってるので、近い内に実験して掲載します。


屁理屈の塊w
次。こいつはハリケーンソニック最大の特徴たるフロントウィングです。
ミニ四駆がコーナリング等でコースアウトするのは頭が浮き上がるのが原因の一つなので、フロントにウィングつけて浮き上がりを防ごうと言う魂胆かと思います。
ところで、ミニ四駆のウィングでダウンフォース発生てのが当時は大変流行りましたが、あれは斜めに装備したウィングに風が当たる事で下向きの力を得ていました。もちろん、その分だけ空気抵抗も起きるのでウィングの取り付け角でバランスを取る訳ですが、可変翼を装備したブラックセイバーなんてのもありましたね。いや、それはどうでも良いんだけどw
さて、上の写真は今回加工したフロントウィングを横から写したものです。断面がよく分かるかと思います。
えーと、何と言いましょうか。飛行機がどうやって飛ぶかなんて今さら説明するまでもないでしょうが、上のウィングは飛行機の主翼断面形を上下逆にした形に改造してあります。つま下向きに揚力が発生する訳で、空気抵抗を伴わずにダウンフォース効果が得られる仕様となっております。うはww天才www
つっても、実際問題として20km/h程度で揚力が発生するのか、そもそも翼面積が小さすぎるんじゃないか等々、胡散臭さ丸出し。屁理屈にも程があるww
でも翼端が存在しないから誘導抗力は考慮しなくても大丈夫そうだよなぁ。詳しくないから知らんがw
まぁでも
結果オーライでつw
取り敢えず淵が薄くなって模型的見栄えが良くなるのは確かですw
騙されたと思ってやってみるしかww


さて、残るは最大の難関、コクピットの改造か。
風防はヒートプレスするとして、矢張り型を作るのが面倒な罠w
あと中身をどうするか。冷静に考えるとモーターとか電池があってGPチップを仕込む余裕なんかないんだよなぁw

▲閉じる

[2006.12.10(Sun) 23:21] その他の模型Trackback(0) | Comments(3) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

相互リンクのお願い by ToLOVEる画像漫画のぴエロ
はじめまして、ToLOVEる画像漫画のぴエロと申します。

貴サイト様と相互リンクしていただきたいと思いまして、下記ページにて貴サイト様をリンクさせていただきました。
http://net2.blog.shinobi.jp/Entry/101/
ご確認ください。
説明文など気に入らない点がございましたらご連絡ください。

相互リンクしていただける場合は、
URL:http://net2.blog.shinobi.jp/
サイト名:ToLOVEる画像漫画
でお願いいたします。

よろしければ相互リンクしていただきたいと思っておりますので、どうかよろしくお願いいたします。

by 大和甲型
ども、初めまして。

こちらへのリンクは了解しましたが、相互リンク云々以前の問題として、この手の書き込みをコピー&ペーストで済ませるのは失礼ですよ。

管理人のみ閲覧できます by -

コメントを閉じる▲

1/32 ハリケーンソニック製作(第一回) 

風防どうしよう・・・(;´Д`)
現在の状況ーっ。
各種エアインテークを開口しているところです。
ちなみに、これからの改造予定を列挙するとこんな感じになります。
・風防の透明化。(恐らく塩ビ板ヒートプレス)
・1/32で運転席を設置、またはアニメ準拠でGPチップ搭載。(フルスクラッチ)
・黒いステッカーで再現されるエアインテークは全て開口、内部を自作。>>参考
・ヘッドライトのクリアパーツ化(これも塩ビ板ヒートプレス)
・カラーリングは独自デザイン。ただしリヤウィングに「TRF Victorys」といれたいw
▼続きを読む

リヤカウル
リヤカウル。
先ずは一番大きいインテークです。
ここに手を加えれば印象も大分変わると思いますが、しかし大きいが故に内部も作ってやらないと、ただの穴になってしまう諸刃の剣w

久々に肉抜きしますたw
ちなみに穴は昔ながらの方法でやりましたが、艦船模型では殆ど使わない手法だけに大変懐かしかったでつw
てか、スケールモデルだとここまで大きなパーツ切除ってしないからなぁ。特に私の場合、「ピンバイス=舷窓or金属線差込用の穴」しか考えられないw

ここら辺はサクサクとw
こっちはコクピット直後のエアインテーク。
ここは穴だけ開けておけばおkです。パーツの肉厚が厚いのでそれっぽく見えます。
むしろ綺麗に左右対称な穴を開けることに神経使いましたねw

これは手軽ですが効果は大きいです
最後にリヤウィング支持架。
ここは三段のスリットがある設定なのですが、成型の都合で階段状になってしまっています。(上写真、上・中段)
そこでデザインナイフの切っ先を使って
模式図w
こんな風にフィン状になるよう削り込んでみました。立体的になって雰囲気が出たと思います。(上写真、下段)
1/700航空機の主翼とかでよくやる薄々攻撃の応用ですねw

さて、次回はリヤカウル内部の工作と、コクピット両脇にあるインテークの改造でもやろうかと思います。いつになるか分からんけどw

▲閉じる

[2006.11.30(Thu) 23:51] その他の模型Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


ちょwwハリケーンソニックナツカシスw 

そろそろ来年度の衝動買い予算を確保せにゃならん時期になってきたので、郵便局の年末年始非常勤スタッフ(要はアルバイト)の面接うけてきました。アポなしだったのにおkだったのには驚いたw
まぁ面接と言ってもごく簡単なものですけどw
もちろん自A隊の採用試験とは違って志望理由とか最近の国際情勢についてとか聞かれるわけもなく、どのくらい出勤できるかとか勤務経験はあるかとかごく一般的な話しかしませんでしたね。いや当たり前だけどさw
しかし
相手「十九歳…って事は学生さんか」
私「いえ、浪人です(´・ω・`)」
相手「あーそうか。ちなみにどこ受けるの?」
私「防衛大学っす」
相手「おぉ、自衛隊か。航空?」←何故かノリノリ
私「いえ海上ですw」
相手「おー」
とか変な方向に話がずれた事で何か逆に好印象を与えた模様w フラグktkrwww
ちなみに旧日記からの常連さんはご存知と思いますが、私は三年前にも郵便局でバイトしてた事がありました。しかし経験者の給与待遇(時給+¥150)って過去二年内に勤務経験がないと有効じゃないらしかったんですが、なんか浪人で自衛官志望が余ほどツボだったのか「総務課にかけあって待遇受けられるようにしてやる」みたいな話まで出てきた嬉しい限りですw 本当にありがとうございましたw
って、ここまで期待させといて不採用通知来たら一揆おこすけどな(ぉ

そんなこんなで面接を終えて帰路についたんですが、ここ最近自転車のブレ?キが前後ともイカれていた事を思い出して急遽ダイクマに寄港。
ヘックスレンチとブレーキゴムを手にレジへ向かおうとした時、事件は起きた。
▼続きを読む

ミニ四駆買ったの七年ぶりだwww
改装された店内の模型売り場の片隅にミニ四駆が・・・!
なんか急に懐かしさがこみ上げて着ました。意味が分かりません。唐突すぎます。
激しくどうでも良い言い訳を垂れると、私の世代は小学生時代にフルカウルミニ四駆ドンピシャであって、中でも私はビクトリーマグナムとハリケーンソニックが大好きでした。ビートマグナムとかバスターソニックは邪道です。ライトニングマグナムとか帰れ。(ただしマックスブレイカーは好きだw
そして手元にはポンイトカード(500P)、目の前のハリーケンソニックは三割引で¥441w
衝動買いするのにこれ以上理想的なバックグラウンドが存在するだろうか。いや、ない。

さてさて、どう料理しようかな♪
迷うことなくお買い上げしてきました。ガッハッハw
そしてものの十五分で仮組み。やべぇ、何このパーツ数の少なさw
しかし、矢張りハリケーンソニックのデザインは秀逸ですねぃ。空力的に疑問すぎるフロントウィングとカウルと一体化したリヤウィングがカッコ良すぎる。このカッコ良さは時代を超えてもっと評価されるべきw
この前の日本GP見て以来、こっち系の車が作りたくてしょうがなかったので調度良いOMOCHAです。カラーリングどうしようかw
ただその前に、全てのエアインテイク開口と風防の透明化はするつもりですけど。特に風防。小学生の頃に透明プラ板で自作しようとして失敗した経験が確かあったはずw
しかし今ではヒートプレスという大変便利な技術があるので、型さえあれば幼少時の夢を実現し得る訳ですな。これはもうやるしかw


ところで昨日描き殴ってた戦艦「伊勢」ですが、今頑張って描き直してます。今日中にうpできると思うんですが、ひょっとしたら日を跨いでしまうかもw
とにかく明日の夜明けまでに何とか出来ればと思います。(;´Д`)


 <Web拍手返信>
>三萬ヒットオーバーおめでとう♪ 秋葉まだ?、と言ってみる(爆
おー、初めてのコメント付き拍手ありがとうございますーっ。内容的にもダブルでアリガトウゴザイマスですねw
ツンデレイモウト巡洋戦艦はそろそろ艦橋のデザイン纏めにかかりますよー。あれ、いつの間にか起工から一年経つんじゃ(ry

▲閉じる

[2006.11.14(Tue) 23:35] その他の模型Trackback(0) | Comments(5) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by 蒼月乃光
秋葉、楽しみにしてますよ(笑
いや~、それ送ったの私だったりするんですよね(爆

起工から一年
まだまだ大丈夫
うちは起工から数年経ったものが先日発掘されましたから
で、それを今日はちまちまと進行したので早ければ明日には完成するかと
う~む、F社の古いのは資料見ないで一気に作り上げた方が良いね(笑

by ゴロンと
ちょっとまて、日本GTみてミニ四駆は邪道じゃね?ww

by 大和甲型
蒼月さんへ
矢張り蒼月さんでしたか。>コメ
「萬」の字を使っていたのでひょっとしたらと思ってましたw

>まだまだ大丈夫
うーむ、私の場合そう言って永遠に完成しない事があるからなぁw
暇をみてぼちぼち進めていきますw

>F社の古いのは資料見ないで一気に作り上げた方が良いね(笑
F社の古いのは架空艦なので資料は現存しませ(ry
某国装甲艦は、私も資料見ずに作ってますよw (まぁそもそも独艦の資料を持ってないんですがw

 レオさんへ
¥600くらいでF-1の模型があれば良かったんですが、探してる途中で熱が冷めて「レーシングカーなら何でも良いかな・・・(´・ω・`)」と(マテ

by ムスペルヘイム
ミニ四駆はZOIDSの敵ニダ!
・・・・・とか言いながら、あの当時はサイクロンマグナムTRFとかブロッケンギガントBSはちゃっかり買っていたりするw(ぉ

ちなみに、干支ミニ四駆http://www.tamiya.com/japan/hobbyshow/report/news3.htm(今年のモデルはホットショットJr)は買う予定w
マイシスターが亥年なのでプレゼントとして送るにも一石二鳥ですしねぇw

by 大和甲型
>ミニ四駆はZOIDSの敵ニダ!
Σ(゚д゚lll)ヒデェw ヤツアタリダw
ブームの流れは旧ゾイド(90年終了)→四年間の空白→ミニ四駆(94年勃興)→ビーダマン→新ゾイド(99年開始)→ベイブレードだったキガスw (ベイブレードは持ってないけどw
と言うか八十年代ゾイドは自滅した感が(ry
ちなみに90~94年に何があったかは当時幼稚園児だった私には知る由もありませんw

>干支ミニ四駆は買う予定w
あのシリーズ良いですよねw
しかし9番目って、九年も前からやってたのかこれ。存在に気付いたの三年前くらいなんですがw

コメントを閉じる▲

TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。