2017.02 «  - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - » 2017.03
TOP > 1/700 嚮導駆逐艦「堀之内原案」
 ← どうなるんだ、来年の夏季有明攻勢w | TOP | 久々にマイナーな艦いきますよーw

1/700 嚮導駆逐艦「堀之内原案」 

オフ会出撃前に予告だけして放置されていたやつをドンw

嚮導駆逐艦「堀之内原案」
はい、かなり見慣れない艦影です。濃い人の中には知ってる人もいるかも知れませんがw
こいつは、私が知る限り日本海軍が建造を計画した唯一の嚮導(きょうどう)駆逐艦で、そのまま計画倒れに終わったので艦名どころか正確な図面すら存在しません。福井静雄氏の「日本の駆逐艦史」の中でチラッとだけ紹介されているのを読んで存在を知りましたが、スペックが載っているだけで完成予想図の類は掲載されておらず、模型化にあたっては大部分を想像で補っています。
ちなみに嚮導駆逐艦というのは、大雑把に言うと水雷戦隊旗艦用の大型駆逐艦です。欧米では割とポピュラーでしたが、日本海軍の場合は艦隊型駆逐艦が既に嚮導駆逐艦なみに大型だったので水雷戦隊旗艦は専ら軽巡洋艦が担当しました。

格段に拡充された艦橋設備
で、この駆逐艦はそもそもどういった艦なのかと申しますと、いわゆる戦時急造艦の一隻で、昭和十七年末に当時の軍令部員である堀之内美義中佐により提唱された「水雷戦隊拡充に関する意見」の中に登場するのが最初のようです。
この意見書は、急速に拡大する戦線に対して新型軽巡の整備が追いつかず、また現有の軽巡も損耗が大きいので新たに水雷戦隊旗艦を代用できるような簡便な小型艦を急造すべきではないか、というのが骨子で、その一案として嚮導駆逐艦の建造が提案されています。提案者にちなんで一部では「堀之内原案」とも呼ばれているようです。

14cm単装砲モエスw
戦時急造艦ということで船体は秋月型のものをそのまま流用し、主砲は軽巡用の14cm砲を装備する事とされています。長10cm砲を降ろしてまで打撃力を重視したのは、ソロモン海域で未だに水上砲戦が威力を持っていた所為でしょうか。残念ながら、後に検討された堀之内第三案では主砲は八九式12.7cm高角砲に改められていました。
また、本艦が嚮導駆逐艦たる所以の司令部設備ですが、これは主砲塔撤去によって浮いた重量を全て艦橋設備に充当して大幅に拡大しています。と言っても、模型の艦橋は想像ですがw
ただ、前記の本に第一砲塔から煙突に渡る大型の艦橋構造物を備える旨の記述があったので、だいたいこんな感じになったんじゃないでしょうか。
あと特筆すべきは水偵と射出機くらいですかね。単隊で作戦行動する時に、広域索敵能力は必須と考えられていたため偵察機の運用設備を付与されましたが、流石に射出機の装備は大袈裟すぎると判断されたのか、第二案以降は水偵を海面に降ろして離水させるようになっています。揚収デリックは後部マストに設置されました。ちなみに、射出機を撤去した第二案以降は四連装魚雷発射管の装備が指示されていますが、もし原案のまま建造されていれば魚雷を持たない唯一の駆逐艦となる筈でした。魚雷フェチの私としては、ならなくて良かったですがw

はい、最後まで読んで頂きありがとうございました。
今更こんなこと言うのもアレなんですが、この作品はフィクションであり実在する人物、団体、艦艇、その他の固有名詞や現象などとは何の関係もありません。嘘っぱちです。どっか似ていたとしてもそれはたまたま偶然です。他人のそら似です。
って事で、架空艦をそれらしい口ぶりで紹介してみるテストでした。一瞬でも、ああ、こんな計画もあったんだなぁとか思って頂けたなら成功です。ありがとうございました(ぉ

いやー、ことの発端は単に嚮導駆逐艦(;´Д`)ハァハァってだけだったんですが、一応、砲塔重量とかも調べてそれらしくなるように配置してみました。射出機は完璧に蛇足でしたがw
でもね、これに射出機なしで魚雷発射管載せると「夕張」にしかならないのよ、どう見ても。それじゃぁ詰まらんという事で、遊んでみました。スペース的には余裕でしたし。


建造中の艦橋
ちなみに艦橋など構造物の殆どはプラ板による自作でした。第二主砲塔を撤去した関係で、秋月の艦橋そのままじゃバランス悪かったのでw
艦橋の窓枠はジョーワールドのエッチング。マストは0.5mm、0.3mmの真鍮線と伸ばしランナー。主砲と方位盤、爆雷関係はピットロードのものを使用しました。
塗装は、船体:ニュートラルグレイ、甲板:レッドブラウン、煙突頂部:フラットブラック、主砲キャンバス:フラットホワイト、吃水線:ハルレッド、機銃銃身・主錨:ガンメタル、艦載艇(内側):タンで、全てタミヤカラーです。

久々の架空艦で、作ってて大変楽しかったですw
関連記事
スポンサーサイト
[2006.08.16(Wed) 21:23] 艦船模型Trackback(0) | Comments(4)
↑TOPへ


COMMENT

これだ by らびQ
求めていたのはこれかも^^
原案があったとは驚きです。

by 大和甲型
私としても、教導駆逐艦としては思い描いていた通りのものが出来て、大変満足しています。
ちなみに「原案」ってのは記事書きながら十秒で思いついた仮称なので、未だにちゃんとした名前は決まってません(ぉぃ

ふたたび by らびQ
こんばんは

以前私が作ったのは後部甲板にカタパルトを装備した型でした
でもこの方がスッキリしていて感じも良い
制作意欲が湧いてきました
よろしければ、是非参考にして製作したいと思ってます。

どもー by 大和甲型
>以前私が作ったのは後部甲板にカタパルトを装備した型でした
私の場合は先ず14cm砲ありきで、射出機は余剰スペースに積んだ“おまけ”みたいなもんなんですけどね。結果オーライとでも言いましょうか。
5500t級軽巡なんかは後部に射出機あるので、兵装のバランスを変えてみたら案外落ち着くかも知れませんよ。

>制作意欲が湧いてきました
ありがとうございますーっ。私も感想を頂けるとやる気が出てきますw
こんな拙作でも、参考にして頂けるなら本望です。
その内、甲型工廠か画像BBSに大きい画像も載せますね。

コメントを閉じる▲

 ← どうなるんだ、来年の夏季有明攻勢w | TOP | 久々にマイナーな艦いきますよーw

COMMENT

求めていたのはこれかも^^
原案があったとは驚きです。
[ 2007.10.21(Sun) 18:08] URL | らびQ #- | EDIT |

私としても、教導駆逐艦としては思い描いていた通りのものが出来て、大変満足しています。
ちなみに「原案」ってのは記事書きながら十秒で思いついた仮称なので、未だにちゃんとした名前は決まってません(ぉぃ
[ 2007.10.22(Mon) 10:39] URL | 大和甲型 #NKwY6NnY | EDIT |

こんばんは

以前私が作ったのは後部甲板にカタパルトを装備した型でした
でもこの方がスッキリしていて感じも良い
制作意欲が湧いてきました
よろしければ、是非参考にして製作したいと思ってます。
[ 2007.10.29(Mon) 22:11] URL | らびQ #- | EDIT |

>以前私が作ったのは後部甲板にカタパルトを装備した型でした
私の場合は先ず14cm砲ありきで、射出機は余剰スペースに積んだ“おまけ”みたいなもんなんですけどね。結果オーライとでも言いましょうか。
5500t級軽巡なんかは後部に射出機あるので、兵装のバランスを変えてみたら案外落ち着くかも知れませんよ。

>制作意欲が湧いてきました
ありがとうございますーっ。私も感想を頂けるとやる気が出てきますw
こんな拙作でも、参考にして頂けるなら本望です。
その内、甲型工廠か画像BBSに大きい画像も載せますね。
[ 2007.11.01(Thu) 09:02] URL | 大和甲型 #NKwY6NnY | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← どうなるんだ、来年の夏季有明攻勢w | TOP | 久々にマイナーな艦いきますよーw