2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - » 2017.11
TOP > レイアウトどうしましょうか
 ← やっちまったw | TOP | 見切り発車

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


レイアウトどうしましょうか 

2006年05月15日 ()
さてさて、なにやらテンプレをどれにするかで試行錯誤を繰り返しております。

そして、画像アップのテストを兼ねて架空戦艦「土佐」をドーンw
戦艦「土佐」

いや、まぁ主砲配置を変更してみただけの「山城」ですけど。
なんか酷くアップトリムになりそうで恐いですが、そこはほら、架空艦の強み(マテ
扶桑型では主砲斉射時の爆風が問題となりましたが、こいつの場合、反動に艦体が耐えられるのかどうかが目下の大問題。四番砲塔ターレット辺りからボッキリとか藤本さん(*1)もびっくりな展開が君を待つ(誰

実際、中学時代の作品なので、設定はもちろん模型としても稚拙なんですよね、土佐。
そもそも上甲板にリノリュウム塗装とかしてる辺り、根本的な間違い(*2)。なぜ設計段階で是正されなかったのかw

って事で、ただいま改装工事を実施しております。
手抜きすぎる艦橋と謎な上甲板を重点的にw

(*1)…藤本喜久雄。条約時代に活躍した海軍造船官。設計した艦艇には小型重武装の傾向があり、後の友鶴事件・第四艦隊事件で船体の強度不足を露呈。一部の駆逐艦や水雷艇は、波浪により艦首を切断し、転覆するものもいた。
(*2)…当時の戦艦は、乗員への配慮から甲板に木材を敷いており、巡洋艦ではより安価なリノリュウムであった。戦艦にリノリュウムを敷くのは、余ほど貧乏でない限りやらんでしょうw
関連記事
スポンサーサイト
[2006.05.15(Mon) 23:58] 艦船模型Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← やっちまったw | TOP | 見切り発車

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← やっちまったw | TOP | 見切り発車
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。