2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - » 2017.11
TOP > 某原子力ミサイル巡洋艦の紛い物(ぉ
 ← なんか忙しい一日だったなぁw | TOP | シールドライガー、発売延期かぁ(´・ω・`)

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


某原子力ミサイル巡洋艦の紛い物(ぉ 

2006年10月16日 ()
観艦式予行キタ━━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!!
募集案内所の人から電話があって、受験の息抜きにどうだろうかと観艦式のお誘いがw
二十二日だと潜水艦救難母艦で、二十五日と二十七日なら護衛艦乗れるけどどうする? との事でしたが、いやそりゃもう平日フリーな浪人生としては迷うべくもなく二十七日でお願いしMATH!(ぉ
つー事で、抽選に外れながらも意外なルートで観艦式のチケットが手に入ることになりました。ウマウマw
まぁそれはそれとして。

えー、二日も経ってようやくヒット記念絵を描いた訳ですが、
なんだこの落書き(ぇ
現用艦だからと舐めてかかったら大変な紛い物が竣工しました。誰だこれ。まさか旧ソ連海軍の浮かぶ錆じゃないよな。
はい、そのまさかでございます。
基準排水量19000tと微妙なところではありますが、外国現用艦の中では五本の指に入るくらい好きな艦なので敢えてチョイスしました。
ちなみに排水量20000tのIJSと言うと河内型戦艦(常備排水量20823t)とか飛龍型空母(公試排水量20165t)とかがいる訳ですが、「河内」は前回の「鞍馬」とかぶるし空母はつい最近描いたし、という事で見事キーロフ級原子力ミサイル巡洋艦となったとさw
ただしサラッとラフ画を描いた時点で似ても似つかない架空艦が描きあがってしまったので、今度は色塗って誤魔化しました。って塗りも下手すぎて誤魔化せてないしね!(ぉ
 
まぁ何はともあれ、20000HITありがとうございますーっ。

 <とってつけたようなキーロフ級の解説>
よく架空戦記小説で、「戦艦にイージスシステムとかミサイル満載したら最強じゃね?」というネタがあるけど、それを本気でやっちゃったのがソ連海軍でその産物がこのキーロフ級巡洋艦です。巡洋艦っつっても満載排水量24000tの巨艦で、WW?時の小型戦艦なみの大きさを誇ります。戦後に建造された水上戦闘艦としては今もなお世界最大。
各所に備えられた革新的装備と相まって、出現した当時はそりゃぁもうえらい大騒ぎだったらしいです。
先ずは時代を先取りしたステルス性。煙突とか艦橋とかを傾斜させているため、当時のレーダーには駆逐艦程度の大きさにしか映らなかったそうです。とは言え、なんで原子力艦なのに煙突があるのかという疑問もあった訳ですがw (手元の資料が古すぎてコレについては詳しく知らんw
あと特筆すべきは今日では当たり前となったVLS(垂直発射装置)の採用ですね。本艦が世界初のVLS装備艦であり、これも大変注目されました。
あと、読○新聞が「対空レーザー積んでる!」とか言ってた事もありましたが、これは、その、なんだ、いわゆる妄想だったわけよw

と、そんな妄想話まで実しやかに語られてしまうほどキーロフ級の存在は西側には衝撃だったって事です。
しかし現実ってのは厳しいもので、ソ連崩壊と共に原子炉の燃料棒はおろか外舷の塗料を買うお金もなくなったロシア海軍はこの巨艦を持て余すようになり、今ではどっかの軍港で朽ち果てて錆の塊になってるようです。整備すれば使えるのかも知れませんが、いつか復活はくるんでしょうかねぇw
関連記事
スポンサーサイト
[2006.10.16(Mon) 22:10] 自衛隊Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← なんか忙しい一日だったなぁw | TOP | シールドライガー、発売延期かぁ(´・ω・`)

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← なんか忙しい一日だったなぁw | TOP | シールドライガー、発売延期かぁ(´・ω・`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。