2017.07 «  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - » 2017.09
TOP > 平成十八年度観艦式予行 体験記(前編)
 ← 平成十八年度観艦式予行 体験記(中編) | TOP | 平成十八年度観艦式予行(暫定掲載)

平成十八年度観艦式予行 体験記(前編) 

2006年10月28日 ()
ふむ、今日中に書き上げる予定だったんですが、受験に失敗した友人某の気晴らしに付き合って時間を潰したためちょっと間に合いそうにありません。よって前編・後編の二部構成として茶を濁しますw
では前編をどぞw
(小さい画像はクリックで拡大されます)


朝日を浴びる横須賀港
黎明の横須賀軍港を望む。
〇五三四時に町田を経ち、横須賀に到着したのが〇六四八時。受付開始は〇七〇〇でしたが、既に長い列が出来てました。
写真は横須賀駅前のヴェルニー公園から望んだ海上自衛隊横須賀総監部です。桟橋に係留されているのが観艦式に参加する護衛艦で、十隻ほどいました(その他の艦は横浜、木更津から出港)。手前の艦はミサイル護衛艦「しまかぜ」です。
〇七一八、遅れてきたメンバ(つっても兄と祖父母ですがw)と合流し桟橋へと向かいます。

潜水艦「やえしお」
先陣をきって出港する潜水艦。
ボディチェックの順番待ちをしていると早くも一隻の潜水艦が旭日旗を掲げて出港してゆきました。防衛機密で艦番号は書かれていませんが、おやしお型潜水艦「やえしお」と思われます。今年三月に就役したばかりの最新鋭艦ですよ。
どうでも良いけど、右下に写ってる警務隊の制服が大変カコイイw ヤバスw

艦艇群を望む
参加艦艇群。
さて、ボディチェックを終えていよいよ桟橋へ。
停泊する護衛艦群が近づくにつれ心拍数も上昇するってもんですよ。久々にワクワクしてきましたw
写真に写っているのは右からはたかぜ型ミサイル護衛艦「しまかぜ」、むらさめ型汎用護衛艦「いかづち」、こんごう型ミサイル護衛艦「ちょうかい」です。余談ですが、中央の「いかづち」は、映画「亡国のイージス」で撃沈された「うらかぜ」役を演じています。(撃沈したのは「ちょうかい」の姉妹艦だったりしますがw

我が乗艦「たちかぜ」
受閲部隊を桟橋より望む。
最右端が私が乗艦するミサイル護衛艦「たちかぜ」です。観艦式では受閲部隊の旗艦を務めますが、普段は護衛艦隊旗艦として海上自衛隊の全艦隊を指揮しています。(そのため後部主砲を降ろして司令部施設を増設するなどの改修工事もなされています)
中央に写っているのは、たかなみ型汎用護衛艦のネームシップ「たかなみ」で、ヘリコプター甲板には対潜哨戒ヘリSH-60K(SH-60Jに代わる新型哨戒ヘリ)が展示されています。
その左隣は、たちかぜ型護衛艦の三番艦「さわかぜ」です。観艦式では前述の「しまかぜ」、たちかぜ型二番艦「あさかぜ」と共に受閲艦艇部隊第二群を構成します。

「ちょうかい」の威容
間近で見る「ちょうかい」の威容。
桟橋を挟んで「たちかぜ」と反対側に停泊していましたが、初めて見るイージス艦の巨大さに目を見張るばかりです。
基準排水量7200tは「たちかぜ(同3850t)」の約二倍であり、戦闘力は「たちかぜ」のそれとは比較にならない強力なものです。ちなみに、たちかぜ型はミサイル艦としては第二世代、こんごう型は第四世代のミサイル艦になります。(第三世代ははたかぜ型。前述の「しまかぜ」は「はたかぜ」の姉妹艦です)

ハープーンSSM
ハープーンSSM四連装発射筒。
西側諸国で広く採用されているSSM(艦対艦ミサイル)のランチャーです。
970m/sの高速で120kmを巡航し、弾頭に充填された222kgの高性能炸薬で敵艦を攻撃、撃沈します。
ただし、海自ではハープーンの後継兵器として国産の九〇式艦対艦誘導弾(SSM-1B)を既に開発しており、むらさめ型以降の護衛艦は軒並みSSM-1Bを搭載しています。

いよいよ乗艦
タラップより「たちかぜ」を見る。
イージス艦に話が逸れましたが、一通り「ちょうかい」を眺めてからいよいよ「たちかぜ」に乗り込みます。
入り口ゲートでチケットと引き換えにパンフレットと記念品(クリアファイル、記念ステッカー、海自ロゴ入りのメモ帳)に加え、使い捨てカイロとゴミ袋まで手渡されました。艦上では毛布まで配っていて、洋上はよほど寒いようですw

アスロック
七四式アスロック発射機。
アスロック(ASROC)とは「Anti Submarine ROCket」の略で、昭和後期の護衛艦で標準装備となっている対潜兵器です。
弾体は324mm短魚雷にロケットモーターを組み合わせたもので、射程約10000m、飛翔速度は約マッハ1と言われています。目標上空で弾頭の短魚雷が切り離されパラシュートにより降下、着水後はソナー探査によって敵潜水艦を追尾、攻撃します。

5in速射砲
七三式54口径5in速射砲。
こちらもこの世代の護衛艦では標準装備となっている装備で、対空・対水上戦闘に使用される主砲です。(「たちかぜ」就役当時はまだ海自にSSMがなかったので、対艦攻撃も主砲がメインでした)
射程23000m、発射速度は毎分三十発に達します。七三式は米海軍のMK.42速射砲のライセンス品で、護衛艦に搭載された砲としては最後の有人砲(砲室に砲員が乗って操作)でした。(これ以降は遠隔操作の無人砲が装備されるようになります)
ところで「たちかぜ」のパンフレットには5in=12.6mmって書いてありますけど大変な間違いです。5inは12.7cm。12.6mmって機関銃レベルじゃないかw ちょっとヒドイ間違いだぞこれはw

324mm短魚雷発射管
六八式324mm短魚雷発射管。
近距離の潜水艦を攻撃するための対潜兵器です。
使用する魚雷は前述のアスロックの弾頭と同じものなので、詳しくは割愛w
護衛艦の標準装備としてイージス艦などの新鋭艦にも搭載されています。

20mmバルカン・ファランクス
CIWS 20mmバルカン・ファランクス。
対空防御の最後の砦、CIWS(シウス、Close In Weapon System)です。
目標捜索から追尾、照準、射撃まで全てをコンピュータ制御による完全な自動操作で行い、対空ミサイルや主砲の弾幕射撃を突破してきた敵SSMをガトリングガンの猛射により撃墜します。連射速度は毎分約3000発。ただし、装弾数は1000発弱しかないため、ものの二十秒で全弾撃ち尽くします。(尤も、敵SSMは超音速で迫ってくるため、射撃時間は二、三秒しかありません)
20mmCIWSも護衛艦の標準装備となっています。(ただし最近のものは発射速度、装弾数とも増加しています)

いざ出航
出港準備をする乗員。
などと搭載兵器を見て回っている内にラッパが鳴り響いて出港の時間となりました。
桟橋に係留していたロープを取り払い、「たちかぜ」は微速で航行を開始します。
受閲部隊の前衛を務める「しまかぜ」「たかなみ」は既に浦賀水道で待機し、旗艦「たちかぜ」が残りの艦隊を率いて横須賀を出港する訳です。
これから浦賀水道を南下し、観艦式の会場となる相模湾を目指します。

出航

出航
艦上から桟橋を望む。
上写真左から「いかづち」「ちょうかい」。下写真左から、はるな型ヘリコプター護衛艦「ひえい」、しらね型ヘリコプター護衛艦「くらま」、むらさめ型汎用護衛艦「はるさめ」です。日本の海上防衛を担う堂々たる陣容、見ていて頼もしいばかりです。
しかしこうやって見ると「ちょうかい」顔デカいなw それに比べて「ひえい」のコンパクトなことw


はい、今日はここまで。
後は後編に続きます。
関連記事
スポンサーサイト
[2006.10.28(Sat) 23:18] 自衛艦の話Trackback(0) | Comments(4)
↑TOPへ


COMMENT

by 早池峰
あ、観艦式行ったんですか。いいなぁ。
やはりこの日本の軍艦色はちょっとやみつきになるような色ですよね。
――しかし、よく撮れてますなー。

by 大和甲型
予行ですが行ってきましたよー。本番は今日だったかな?w
護衛艦は塗装も素敵ですが、艦齢三十年のベテラン艦でも上構や装備品が磨き上げられてピカピカだったのも印象的でしたね。よく手入れされてる。
私のデジカメは接写向きなので遠方の艦は余り綺麗には撮れませんでしたが、整理でき次第、残りの写真も掲載していきますね。

by ムスペルヘイム
このタイミングで「亡国のイージス」放映。。。「いかずち」の乗員には洒落になりませんなぁw
確か劇場公開当時、「いかずち」はインド洋にいて
A「あれ?「いかずち」最近見ないね?」
B「知らないの?(『亡国のイージス』にて)撃沈されたよ?」
などとゆーブラックで笑えねージョークが横須賀界隈でまことしとやかに囁かれたと聞き及びますが、これはどうやら劇中の「うらかぜ」の艦首の番号が107と「いかずち」のままだったためだったとかw確かにキツイ冗談ですなぁw

by 大和甲型
確かに「亡国のイージス」テレビ放映は、タイミング狙ってるでしょうねw
それにしても海自のジョーク黒すぎw 何このブラックw
まぁ「いそかぜ」役で沈んだ「みょうこう」にも同じネタが使える訳ですがw
と言うか、インド洋で頑張ってる仲間を「最近見かけないね」で済ます海自隊員ヒデェeeeeeeeeeee!!

コメントを閉じる▲

 ← 平成十八年度観艦式予行 体験記(中編) | TOP | 平成十八年度観艦式予行(暫定掲載)

COMMENT

あ、観艦式行ったんですか。いいなぁ。
やはりこの日本の軍艦色はちょっとやみつきになるような色ですよね。
――しかし、よく撮れてますなー。
[ 2006.10.29(Sun) 04:57] URL | 早池峰 #w1X/gZh6 | EDIT |

予行ですが行ってきましたよー。本番は今日だったかな?w
護衛艦は塗装も素敵ですが、艦齢三十年のベテラン艦でも上構や装備品が磨き上げられてピカピカだったのも印象的でしたね。よく手入れされてる。
私のデジカメは接写向きなので遠方の艦は余り綺麗には撮れませんでしたが、整理でき次第、残りの写真も掲載していきますね。
[ 2006.10.29(Sun) 12:00] URL | 大和甲型 #NKwY6NnY | EDIT |

このタイミングで「亡国のイージス」放映。。。「いかずち」の乗員には洒落になりませんなぁw
確か劇場公開当時、「いかずち」はインド洋にいて
A「あれ?「いかずち」最近見ないね?」
B「知らないの?(『亡国のイージス』にて)撃沈されたよ?」
などとゆーブラックで笑えねージョークが横須賀界隈でまことしとやかに囁かれたと聞き及びますが、これはどうやら劇中の「うらかぜ」の艦首の番号が107と「いかずち」のままだったためだったとかw確かにキツイ冗談ですなぁw
[ 2006.10.31(Tue) 03:15] URL | ムスペルヘイム #CAZrLNx6 | EDIT |

確かに「亡国のイージス」テレビ放映は、タイミング狙ってるでしょうねw
それにしても海自のジョーク黒すぎw 何このブラックw
まぁ「いそかぜ」役で沈んだ「みょうこう」にも同じネタが使える訳ですがw
と言うか、インド洋で頑張ってる仲間を「最近見かけないね」で済ます海自隊員ヒデェeeeeeeeeeee!!
[ 2006.10.31(Tue) 18:28] URL | 大和甲型 #NKwY6NnY | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 平成十八年度観艦式予行 体験記(中編) | TOP | 平成十八年度観艦式予行(暫定掲載)