2017.04 «  - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - » 2017.06
TOP > シールドライガー改造記っぽいもの(その2)
 ← 「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」 歴代OPまとめ | TOP | 戦艦「伊勢」やっと描けたw

シールドライガー改造記っぽいもの(その2) 

久々にシールドライガーいじりました。いやトミーのじゃなくてコトブキヤの方ね。
前回、足首の可動範囲が狭いとか何とか言ってましたが、今回はその関節改造の話し。ちなみに前回の腰関節の補強を「その1」と数えて、今回は「その2」ですw

久々にライガーの改造記事やりますw
さて、いきなり改造後の写真で申し訳ありませんが、改造したのは赤矢印のところ。
ここの関節可動は、様々なポージングをさせた時に安定して接地できるかどうかを左右する重要な部分でして、つまりデフォルトではちょっとポージングに制約がある訳ですね。
って事で、ここをいじりました。

加工前
先ず、足首付け根の裏側、人間の脚で言えば脹脛(ふくらはぎ)に相当する部分に手を加えます。(ライオンなので前脚ですけど)
足首にあるパイプ状のパーツが矢印部に干渉しているので、
加工後
このように削ってそれを解消してやります。
削るといってもパーツの淵を薄くしてやるだけなので、外観を損ねるような事はありません。

切り口キタナスw
次に脛(すね)です。
上の作業で可動範囲が広がると、今度はパイプ状パーツの端(図中の赤矢印)が脛の内側に干渉する事になります。
このパイプ部分は必要以上に長く多少削っても露出する事はないので、ここは思い切って削っても問題ありません。写真のように切り口が汚くても脛パーツが隠してくれますしw
見えないところも丁寧にしたい方は、一度分解してしまったた方が作業しやすいでしょう。

出来上がり
これで完了。
写真奥が加工前、手前が加工後です。
劇的なものではありませんが、初期状態より足首を伸ばせるようになりました。
この改造により、
かなり低い姿勢もとれます
このようにお腹が地面につくぐらいの低姿勢をとらせる事ができます。
肉食獣が威嚇する時って確かこんな感じですよねw

些細な改修ですが、失敗しても誤魔化しやすい部分ですし気軽に手が出せるので興味のある方はぜひやってみて下さいw
関連記事
スポンサーサイト
[2006.11.21(Tue) 21:20] ZOIDSTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」 歴代OPまとめ | TOP | 戦艦「伊勢」やっと描けたw

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」 歴代OPまとめ | TOP | 戦艦「伊勢」やっと描けたw