2017.05 «  - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - » 2017.07
TOP > 九八式臼砲がどう見ても臼砲じゃない件
 ← ライガー予告? | TOP | 宇宙戦艦ヤマト メカニックファイル

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


九八式臼砲がどう見ても臼砲じゃない件 

2007年01月12日 ()
今日は一見マニアックだけど、珍兵器すぎて逆に有名っぽい九八式臼砲のお話。(ここら辺はパンジャンドラムとかトリープフューゲルにも言えるけどw
思い起こせば去年の忘年会の席でのこと。
某硫黄島映画で噴進弾がM-4中戦車を直撃爆砕してた話で盛り上がってる時に、「噴進砲と言えば、似たようなコンセプトの九八式臼砲ってのもありましたよね」と言ってみたら何だか誰もピンと来なかったようで(´・ω・`)ショボンヌだったのをふと思い出し、もう三週間も前の話しながら今日はそれについて書こうかと思います。
あ、ついでに言うと硫黄島映画に出てきた噴進砲は四式20cmみたいですね。40cmは発射台の形状が違いました。

砲弾であり砲身とも言える九八式臼砲弾
こいつが九八式臼砲の砲弾です。(肝心の大砲より先に砲弾から紹介するのはこの兵器の特殊性ゆえで、まぁ見てれば分かりますw)
一般的な臼砲弾と違い有翼式で、直径32cm、全長約1.4m。
砲弾重量は300kgあり、大口径砲弾だけに炸薬量も多く(40kg)、15cm榴弾砲の五倍以上、7.5cm野砲の四十倍以上の炸薬量を誇ります。
これだけの巨弾となると、それを発射する大砲もさぞ大きいものだろうと思われるかも知れませんが、この九八式臼砲の凄い所は正にこの点にあります。
ちなみに同時期に開発された九六式30.5cm重迫撃砲は砲重量20tと大変巨大なもので、24cm榴弾砲ともなると実に38t、移動時には四つに分解してそれぞれを15tトラクターで牽引しなければなりませんでした。

ところが九八式臼砲はと言いますと、
軍馬、牽引車など不要な簡便なる発射器
これが砲です。いや、もうどう見ても臼砲じゃないですがw
実は九八式臼砲弾は下半分が空洞になっていて
用法も至って簡単
このように地面に埋めた発射台に被せて射撃すると言う、何とも珍妙な大砲なんです。
いやいや、ネタじゃないよ。ちゃんと実在した兵器であるばかりか、開戦初頭の比島攻略戦から硫黄島や沖縄戦まで幅広く実戦投入されてます。
ちなみに硫黄島には十二門が配備されたようです。ぜひとも映画に出して欲しかったですねw

で、前述の輸送の話ですが、このような簡単な構造なので輸送するにもトラクターどころか軍馬も要らず、兵隊二十八人が担いで運ぶ事が出来ました。砲弾は六人/一発。
牽引する必要がないので山岳部でも容易に運搬できる訳です。

もちろん構造が構造だけに射程距離は1200mしかなく(ちょっとした機関砲よりも短い)、敵兵が目と鼻の先に来るギリギリまで待ち構えて強烈な一撃を浴びせるような戦法が採られたのではないかと思います。(ここら辺は詳しく知らないです。面目ない)
全く大砲に見えない本砲が「臼砲」と命名されたのも、外観よりは火砲としての性格を表しているのかも知れません。それか秘匿名称なんでしょうかね。

ちなみに発射台の図ですが、写真が見当たらなかったので文庫本に載ってた簡略図から想像で描いてます。たぶん実物はもっと複雑な形かとw
でも基本構造はこんなもんです。参考までに。
あと、砲弾の「一撃必中」の文字はお遊びで入れました。いや、ほら、攻撃機の爆弾とか見るとよく書いてあるから、陸軍でもやってたんじゃないかなぁとw
関連記事
スポンサーサイト
[2007.01.12(Fri) 22:50] 雑談Trackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

砲身のないものでも砲というのか? by Dr.ワッショイ
 通称「ム(無砲身)弾」ですよね>九八式臼砲
 歩兵支援車両や自走歩兵砲を装備できなかった帝国陸軍の苦肉の策ですが、よくできてます
 (モチーフは、戦国の石火矢でしょうか?)
 今あちこちで、「多連装のカチューシャロケットをバラして、何本かロバの背に乗せて運んで不意撃つ」という困った技が流行ってますが、誰でも似たようなこと考えるんですね(つーか、人力頼みってロバに負けてねぇ?)

by 大和甲型
>歩兵支援車両や自走歩兵砲を装備できなかった帝国陸軍の苦肉の策ですが
焼夷弾の実験中に偶発的に生まれたものですが、基本的にはロケット砲と同種のものであって苦肉の策は過言では。
あと、九八式臼砲は砲兵科の機材ですので、足りなかったのは戦闘車両よりも牽引用のトラクターかと思われます。
ただ、車両が進入できない山岳地から大口径砲を気軽に運用できるのが最大の利点なので、機械化云々とはそこまで関係ない気がしますが。

>つーか、人力頼みってロバに負けてねぇ?
比較する行為がナンセンスですね。

コメントを閉じる▲

 ← ライガー予告? | TOP | 宇宙戦艦ヤマト メカニックファイル

COMMENT

 通称「ム(無砲身)弾」ですよね>九八式臼砲
 歩兵支援車両や自走歩兵砲を装備できなかった帝国陸軍の苦肉の策ですが、よくできてます
 (モチーフは、戦国の石火矢でしょうか?)
 今あちこちで、「多連装のカチューシャロケットをバラして、何本かロバの背に乗せて運んで不意撃つ」という困った技が流行ってますが、誰でも似たようなこと考えるんですね(つーか、人力頼みってロバに負けてねぇ?)
[ 2007.01.13(Sat) 08:55] URL | Dr.ワッショイ #mQop/nM. | EDIT |

>歩兵支援車両や自走歩兵砲を装備できなかった帝国陸軍の苦肉の策ですが
焼夷弾の実験中に偶発的に生まれたものですが、基本的にはロケット砲と同種のものであって苦肉の策は過言では。
あと、九八式臼砲は砲兵科の機材ですので、足りなかったのは戦闘車両よりも牽引用のトラクターかと思われます。
ただ、車両が進入できない山岳地から大口径砲を気軽に運用できるのが最大の利点なので、機械化云々とはそこまで関係ない気がしますが。

>つーか、人力頼みってロバに負けてねぇ?
比較する行為がナンセンスですね。
[ 2007.01.13(Sat) 23:59] URL | 大和甲型 #NKwY6NnY | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← ライガー予告? | TOP | 宇宙戦艦ヤマト メカニックファイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。