2017.05 «  - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - » 2017.07
TOP > 1/72 M3 リーMk.1中戦車
 ← 今更ながらヤマトのメカコレ買ってきた | TOP | 一月オワタw

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


1/72 M3 リーMk.1中戦車 

久々のAFVっすよー。
先月初めに買ってきたハセガワのM3中戦車です。
初めての米軍車両にワクワクしながら作ってたんですが、完成したこの姿はどう見ても日本軍に鹵獲されとる(ぉ
1/72 M3 LEE Mk.1中戦車
たぶんオリーブドラブを塗ったあたりまでは問題なかったんですよね。で、単色だとつまらんと言って陸自ブラウンを吹きだして、ものはついでとレッドブラウンを足し、この三色迷彩は見るからに大陸の日本軍だったので黄帯も描き足して、とw
あ、ちなみに模型自体はほぼ素組みです。0.5mm及び0.8mmドリルで戦車砲の砲口を開けたのと、M-2機銃がだるかったので0.5mmプラ棒に置き換えました。手を加えたのはそこだけですね。
完成してから前照灯くらいは作り変えた方が良かったなと後悔しましたが後の祭り(´・ω・`)
と言うか、前照灯は箱絵をじっくり見るまで正しい形状を把握しておらず、その余りの出来の悪さに愕然としましたw これはダメだw
色々とレビューを見ても、どうやらM3中戦車に関してはエアフィックスの方が好評のようですね。ただ地元じゃ手に入らなくてw
余談ですが、砲塔は旋回、砲身は主副とも俯仰します。

二種砲混載はいいね!w
ここでちょっと本兵器の紹介でも。(ただしAFVには詳しくないので変なところがあっても目ぇ瞑ってくださいw)
M3リーは、フランスやポーランドでの戦訓から大口径砲の装備を急務と考えた米陸軍が主力戦車(後のM4シャーマン)開発までの代用として配備した中戦車です。
大型砲塔の開発経験がなかったため、主砲の75mm榴弾砲は車体に半固定として装備し、砲塔には37mm戦車砲を装備して副砲としました。原型になったのはT5E2中戦車という試験車両だそうです。
1941年に量産が開始され、主に太平洋戦線に投入されています。これはナチ独の強力な重戦車群に歯が立たなかっただけっぽいですがw
また、当の米陸軍も本車に期待はしておらず、生産車両の半数以上が英ソに供給されていました。(英軍も当初はアフリカ戦線で使ってましたが、後に対日戦に投入)
ちなみに、作例のような鹵獲車両が存在していたとは寡聞にして知りません。M3戦車なら鹵獲されてましたけどねw

次に模型的なお話。
AFVのウェザリングってよう分からんw
今回は久々にウェザリングに力を入れてみました。いや、久々ってかAFVでドライブラシまでしたの初めてかも知れんがw
順を追って説明していきます。(とは言っても、矢張りAFVは初心者なので間違ってるっぽい上に工期削減のためにかなり省略してます。まぁお手軽にやりたい方は参考にして下さいな、というレベルw)
先ず塗装を終えた後に、エナメルのフラットブラックでスミイレとウォッシングをします。(図中1)
これらは陰影を強調して立体感を出すのが目的の一つなので、主にハッチなどの可動部や凹凸の多いところにやると効果的です。
次に汚し。(図中2)
エナメルのブラウンを、ちょっと濃いかなと思う程度に薄めて側面に塗りたくり、溶剤で拭き取ります。風雨で退色した(水アカっぽい)感じを出したかったんですが、これはちと失敗かなぁ。雨だれを再現する場合は面相筆で書き込んでやれば良いんですがw
最後にドライブラシです。(図中3)
本来はグラデーションによってハイライトを強調するのに多用されるんですが、今回は面倒なのでそれはせず、前からやってみたかった塗装の剥がれ表現、いわゆるハゲチョロ塗装を試してみました。
しかし、これが思ったように出来ず、図中4のように明らかに間違った方向に掻き込んでしまったりと散々でした。エナメルではなくアクリルでやってしまったので溶剤で拭き取る事もできず。(流石に下地から塗り直す暇はありませんw
でも転輪周辺や主砲スポンソンあたりはそれっぽく出来たかなと思います。まだまだ練習が必要ですねw
ちなみに、塗装の剥げと汚れの順番によって2と3は入れ替わり、場所によっては交互に繰り返しやります。

・実はこれ書いてる時にモデルアートの2003年11月号「AFVの塗装術」を持っている事を思い出し、読んでみたら上のウェザリング法が七割方我流らしい事が分かりましたw
だから最初に間違ってるっぽいと(ry

恒例、チハたんとの比較?
ラストは毎度お馴染みの九七式中戦車チハとのツーショット。
1/72(リー)と1/76(チハ)なんでスケールが微妙に違うんですが、それにしてもM3はデカいですねw
チハたんのかわいさが強調されるってもんです(違
関連記事
スポンサーサイト
[2007.02.07(Wed) 20:10] AFV模型Trackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

AFVは汚れてなんぼ! by RAKKO
チハッス!
 チハもよかったけど今回のM3もいいですね。
漢のロマンを感じる。
 塗装はエアブラシですかね。
 僕は1/144しかAFVは創った事ありませんが、汚し塗装って難しいですね。
 僕的にはガンダムの汚し塗装マーカーで汚しています。スミイレしてもドライブラシしても全然目立たなくて・・・
 結構効果的ですよ。
でもやり過ぎると・・・・爆死!v-12



by 大和甲型
>漢のロマンを感じる。
実用性はともかく、大砲がたくさん載ってる戦車は熱いですよねw
手ごろなキットさえあれば九五式重戦車なんかも作りたいところですが。

>塗装はエアブラシですかね。
基本的にそうです。マスキングも面倒なんで細吹きにして描き込んで(ry
あと黄色帯のみは面倒筆で描いてますね。

>僕は1/144しかAFVは創った事ありませんが、汚し塗装って難しいですね。
私もチハと新砲塔チハ以外は1/144しか作った事なかったので、塗装も汚しも試行錯誤の連続ですw
ガンダムマーカーを使った手法は模型雑誌でも難度か紹介されてて興味はあったんですが、まだ未経験ですね。今度試してみようかしら。
ちなみに、次はもう一回チハ作ってみようかと思ってますw

コメントを閉じる▲

 ← 今更ながらヤマトのメカコレ買ってきた | TOP | 一月オワタw

COMMENT

チハッス!
 チハもよかったけど今回のM3もいいですね。
漢のロマンを感じる。
 塗装はエアブラシですかね。
 僕は1/144しかAFVは創った事ありませんが、汚し塗装って難しいですね。
 僕的にはガンダムの汚し塗装マーカーで汚しています。スミイレしてもドライブラシしても全然目立たなくて・・・
 結構効果的ですよ。
でもやり過ぎると・・・・爆死!v-12


[ 2007.02.10(Sat) 19:57] URL | RAKKO #- | EDIT |

>漢のロマンを感じる。
実用性はともかく、大砲がたくさん載ってる戦車は熱いですよねw
手ごろなキットさえあれば九五式重戦車なんかも作りたいところですが。

>塗装はエアブラシですかね。
基本的にそうです。マスキングも面倒なんで細吹きにして描き込んで(ry
あと黄色帯のみは面倒筆で描いてますね。

>僕は1/144しかAFVは創った事ありませんが、汚し塗装って難しいですね。
私もチハと新砲塔チハ以外は1/144しか作った事なかったので、塗装も汚しも試行錯誤の連続ですw
ガンダムマーカーを使った手法は模型雑誌でも難度か紹介されてて興味はあったんですが、まだ未経験ですね。今度試してみようかしら。
ちなみに、次はもう一回チハ作ってみようかと思ってますw
[ 2007.02.10(Sat) 21:05] URL | 大和甲型 #NKwY6NnY | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 今更ながらヤマトのメカコレ買ってきた | TOP | 一月オワタw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。