2017.07 «  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - » 2017.09
TOP > 1/144 Su-47(S-37)改 ベルクト(その1)
 ← メカコレ製作記 デスラー戦闘空母(その1) | TOP | 今更ながらヤマトのメカコレ買ってきた

1/144 Su-47(S-37)改 ベルクト(その1) 

さてさて予告どおりのソ連機。
使用キットはエースコーポレーション(レベル)の1/144「S-37(Su-47) ベルクト」です。先月、M3中戦車と共に買ってきたやつですねw
製作状況は七割方完了ってところでしょうか。
ベルクトのようでベルクトじゃないw
あ、言い忘れましたが使用キットがベルクトなだけで作ってるものはベツモノです
どう見ても架空機w
こうなった経緯など詳しくは後述します。

ベクターノズル(;´Д`)ハァハァ
ジュラブリク、ターミネーター、ベルクトがSu-27、Su-37、Su-47と来てるので仮称Su-57とでもしておきましょうかね。Su-30やらSu-35やらの例を考えると、47?57のどの数字を使っても良さそうだけどw あとは末尾にMをつけてSu-47Mにするとかw
ロシア機の番号の振り方は今一よく分からんですw

さて、せっかくのベルクトがかようなトンデモ架空機になった所以ですが、これが実に単純でビジュアルに不満があったからなんですね。いや航空工学的にどうかって話じゃなくw
1/144 Su-47(S-37)  berkut
こいつが本家のSu-47ベルクト。
私が苦手な前進翼機の中ではズバ抜けてカッコ良い。特にカナード、主翼、スタビレーターの配置バランスは絶妙で、芸術的とさえ言えます。
(ちなみに写真のベルクトは食玩「エリア88」シリーズの1/144。機首形状にちと不満ありですが、アキバで軒並み¥5000以上のプレミアついててビビりましたw)
そんなカコイイベルクトですが、唯一つの不満というのがこれ。
どう見ても幼女(ぉぃ
横から見るとあまりにも平べったいw
これはもう個人の好き嫌いのレベルでしかないんですが、私はフランカーやトム猫にあるような首を持ち上げた感じのラインが好きでして、逆に最近のラプターやJSFのような首が寝ているのは物足りなさを感じてしまいます。
中でもベルクトは機体が大型で背中が広いためこれが顕著で、その平らさ加減と言ったら正に幼女の胸板とでも言うべき酷さです。このペチャパイめwww

そんな訳で、ちょっくら機首(前端からエアインテークあたりまで)をデザインナイフで切り離して位置を変更、親愛なるフランカーを参考にしつつプラ板とポリパテで仕上げました。
改造箇所がよく分かるかと。
(画像クリックで拡大)
これでかなりイメージに近づきました。ちょっと機首が下向きすぎたけどw
で、ものはついでなので他にも色々と弄ってます。

先ずはエアインテーク。丸型より角型の方がカコイイw
汚くて申し訳ないw
ってことで、スーパーホーネットのものを参考にプラ板で自作。奥行きを出すために、ある程度の長さのダクトを作って機体に埋め込む事にしました。1/144だと気にしなくても良いんだけどね。流石に中まで作りこんでないので、奥は黒く塗って誤魔化すつもりです。写真じゃ塗り途中なのでちと汚いですがw

次にエンジン後部。これも私の好きな箱型の二次元推力偏向ノズルに改造です。
形状はSU-27UB-PSやらF-15S/MTDやらを参考に。
ロシア製の偏向ノズルと言うとSu-37やMig-29Mのような丸いヤツがメジャーかも知れませんが、フランカー改造の実験機の中にSU-27UB-PSというのがありまして、こいつは箱型の偏向ノズルを装備していたのでロシア製箱型ノズルもマイナーだけど皆無じゃない訳ですな。
そんな訳で、模型はSU-27UB-PSと米国のF-15S/MTDを参考にしつつアレンジを加えてデッチアップ。
基部はポリパテで曲面から角形にラインを修正しました。

以上二点の他に、主脚をSu-34のようなダブルタイヤに改造したり、カナード翼の可動軸を金属線に取り替えたりしてます。
特にダブルタイヤは、これも私の趣味嗜好でありまして、いつか架空機でやってやろうと思っていたものです。無事改造できて満足w
ただ、Su-34(含Su-32、Su-32FN)の脚回りの資料が手元になく(模型も持ってない)、ネットでも中々見つからないのでこの点は苦労しました。何とか画像拾ってきてやっと工作w
パイピングとかはこれからですね。


今日のところはこんなもんでしょうか。
あとは機体側面とエアインテークとの隙間をパテで埋めて整形すれば塗装に入れます。
色はどうしようかねぇ。黒一色にするか空自の制空迷彩っぽくするか。前進翼繋がりでエスコン・ゼロに出てきたモルガンみたいな塗装にするのも良いですね。悩みどころですw
あと、今回初めてポリエステルパテを使ったんですが、使い慣れたエポキシ系パテとあまりにも勝手が違ってちと戸惑いました。あそこまで汁っぽいとは思いもよらずw
あれを見る前はヘラなんか要らないだろとか思ってたんですが、手で盛り付けるのはほぼ不可能ですね、ありゃw
あと臭(にお)い。これがまたとんでもない。暖冬で換気が楽なのは幸いでしたw
関連記事
スポンサーサイト
[2007.02.14(Wed) 23:54] 航空機模型Trackback(0) | Comments(7)
↑TOPへ


COMMENT

by IKEA
面白いものを観させて頂きました。
架空機とは・・・
前進翼機って運動性能を向上を狙ったものじゃなかったでしたっけ?だとすれば3Dノズルの方が採用率高そうですね。
僕的には前進翼機の代名詞はサンダーバード2号だったりして(笑)あ、あれはVTOLでした。

ところで僕はポリパテ派なんです。

臭いですか?

我慢です(笑)

フィギュアを自作か大掛かりな改造が必要な時はエポパテ利用ですが硬化時間が不満。その点、ポリパテは厚付けでき、硬化も早い。加えてナイフでの整形が硬化途中なら楽勝。理由はこんなところでしょうか。最終的には微調整のプラパテが必要なので、大改造は時間的コストからポリパテを使用してます。
使用しているのは模型用ではなく、自動車補修用のHoltsの製品です。あまり温度に影響され難く、ドロドロにはなり難いので使い勝手が良いですよ。ホワイトもありでスグレモノ。難は量が少し多いことでしょうか。
完成が楽しみですね。

by 大和甲型
仮想と言うか火葬と言うか、また変なものを作ってしまいましたw

>だとすれば3Dノズルの方が採用率高そうですね。
それはありそうですねー。
特に前進翼機は横方向の安定性が悪いとも聞きますし、三次元ノズルは理に叶っているかと。
まぁただ、箱型の三次元ノズルって見た事ありませんし、今回はビジュアル優先って事で一つw

>僕的には前進翼機の代名詞はサンダーバード2号だったりして(笑)
私も軍オタになるまでは前進翼機ってTB2号しか知らなくて、むしろ現実にあり得る物とは思えませんでしたねw
初めてベルクトを見た時は、こんなヘンテコ機が実在した事に驚きましたw

>臭いですか?
>我慢です(笑)
矢張りそれしかないですかw
あとは慣れの部分も多分にありそうですよね。最初はとにかく未知の臭いうだったので驚くやら臭いやらw

>その点、ポリパテは厚付けでき、硬化も早い。加えてナイフでの整形が硬化途中なら楽勝。
確かに速乾性と切削性の良さは大きな利点ですね。溶剤がプラを溶かすので食い付きも良いですし。
特に、完全硬化したエポパテはデザインナイフでも加工が大変ですが、ポリパテはサクサク削れるので良い意味でビックリしましたw

>使用しているのは模型用ではなく、自動車補修用のHoltsの製品です。
なかなか良さそうですねー。
次にポリパテを買う時に探してみます。

by RAKKO
す・・すげぇ!
ノズルが増設されとる・・・・。
前はココにあったのに・・・・
 こわぁ~

僕もVF19の製作を急がねば・・・・。
・・・というかキラ大和さん作るのはやすぎ!!v-37

by 大和甲型
プラ板でサクっと作れる程度の簡便なものですけどねw>ノズル
ただ、この長さだと広報警戒レーダーの視界に影響しないか心配ですw

VF19ってマクロスでしたっけ。
すみません、うろ覚え…w

>・・・というかキラ大和さん作るのはやすぎ!!
いえいえ、一度に纏めて掲載してるだけで作業には二週間くらい掛かってますよーw
模型は暇を見てやるしかないんで、どうしても一回の作業時間が制限されてしまい遅々として進みませんw

by っほほ
いやーかっこいいですねベルクド改 僕もエリア88の
ベルクド持ってるんですけど一機しか持ってないので失敗しそうで作りたいけど作れないww

by こうううう
かっこいい!このベルクドキット化してほしい

1年以上放置してしまい申し訳ありません。m(__)m by 大和甲型@管理人
 っほほさんへ

ありがとうございますー。
実はもう塗装までいってるんですが、実家でソ連ソ連してるので写真がないですw
エリ8のベルクトは勿体ないですよ!
私の使ったエースコーポレーションのは確か¥700くらいだったので素材には最適です。

 こううううさんへ

ありがたすぎるお言葉ですw
キャスト複製とかやったことないですが、いつかやってみたいですねぃ

コメントを閉じる▲

 ← メカコレ製作記 デスラー戦闘空母(その1) | TOP | 今更ながらヤマトのメカコレ買ってきた

COMMENT

面白いものを観させて頂きました。
架空機とは・・・
前進翼機って運動性能を向上を狙ったものじゃなかったでしたっけ?だとすれば3Dノズルの方が採用率高そうですね。
僕的には前進翼機の代名詞はサンダーバード2号だったりして(笑)あ、あれはVTOLでした。

ところで僕はポリパテ派なんです。

臭いですか?

我慢です(笑)

フィギュアを自作か大掛かりな改造が必要な時はエポパテ利用ですが硬化時間が不満。その点、ポリパテは厚付けでき、硬化も早い。加えてナイフでの整形が硬化途中なら楽勝。理由はこんなところでしょうか。最終的には微調整のプラパテが必要なので、大改造は時間的コストからポリパテを使用してます。
使用しているのは模型用ではなく、自動車補修用のHoltsの製品です。あまり温度に影響され難く、ドロドロにはなり難いので使い勝手が良いですよ。ホワイトもありでスグレモノ。難は量が少し多いことでしょうか。
完成が楽しみですね。
[ 2007.02.15(Thu) 23:14] URL | IKEA #cMLOD9mU | EDIT |

仮想と言うか火葬と言うか、また変なものを作ってしまいましたw

>だとすれば3Dノズルの方が採用率高そうですね。
それはありそうですねー。
特に前進翼機は横方向の安定性が悪いとも聞きますし、三次元ノズルは理に叶っているかと。
まぁただ、箱型の三次元ノズルって見た事ありませんし、今回はビジュアル優先って事で一つw

>僕的には前進翼機の代名詞はサンダーバード2号だったりして(笑)
私も軍オタになるまでは前進翼機ってTB2号しか知らなくて、むしろ現実にあり得る物とは思えませんでしたねw
初めてベルクトを見た時は、こんなヘンテコ機が実在した事に驚きましたw

>臭いですか?
>我慢です(笑)
矢張りそれしかないですかw
あとは慣れの部分も多分にありそうですよね。最初はとにかく未知の臭いうだったので驚くやら臭いやらw

>その点、ポリパテは厚付けでき、硬化も早い。加えてナイフでの整形が硬化途中なら楽勝。
確かに速乾性と切削性の良さは大きな利点ですね。溶剤がプラを溶かすので食い付きも良いですし。
特に、完全硬化したエポパテはデザインナイフでも加工が大変ですが、ポリパテはサクサク削れるので良い意味でビックリしましたw

>使用しているのは模型用ではなく、自動車補修用のHoltsの製品です。
なかなか良さそうですねー。
次にポリパテを買う時に探してみます。
[ 2007.02.16(Fri) 02:26] URL | 大和甲型 #NKwY6NnY | EDIT |

す・・すげぇ!
ノズルが増設されとる・・・・。
前はココにあったのに・・・・
 こわぁ~

僕もVF19の製作を急がねば・・・・。
・・・というかキラ大和さん作るのはやすぎ!!v-37
[ 2007.02.16(Fri) 19:05] URL | RAKKO #- | EDIT |

プラ板でサクっと作れる程度の簡便なものですけどねw>ノズル
ただ、この長さだと広報警戒レーダーの視界に影響しないか心配ですw

VF19ってマクロスでしたっけ。
すみません、うろ覚え…w

>・・・というかキラ大和さん作るのはやすぎ!!
いえいえ、一度に纏めて掲載してるだけで作業には二週間くらい掛かってますよーw
模型は暇を見てやるしかないんで、どうしても一回の作業時間が制限されてしまい遅々として進みませんw
[ 2007.02.16(Fri) 23:54] URL | 大和甲型 #NKwY6NnY | EDIT |

いやーかっこいいですねベルクド改 僕もエリア88の
ベルクド持ってるんですけど一機しか持ってないので失敗しそうで作りたいけど作れないww
[ 2011.01.13(Thu) 23:28] URL | っほほ #- | EDIT |

かっこいい!このベルクドキット化してほしい
[ 2011.01.27(Thu) 19:07] URL | こうううう #- | EDIT |

 っほほさんへ

ありがとうございますー。
実はもう塗装までいってるんですが、実家でソ連ソ連してるので写真がないですw
エリ8のベルクトは勿体ないですよ!
私の使ったエースコーポレーションのは確か¥700くらいだったので素材には最適です。

 こううううさんへ

ありがたすぎるお言葉ですw
キャスト複製とかやったことないですが、いつかやってみたいですねぃ
[ 2012.05.04(Fri) 09:55] URL | 大和甲型@管理人 #NKwY6NnY | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← メカコレ製作記 デスラー戦闘空母(その1) | TOP | 今更ながらヤマトのメカコレ買ってきた