2017.05 «  - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - » 2017.07
TOP > 平成十九年度富士総合火力演習総合予行(その1)
 ← 生存確認 | TOP | 大和甲型の一番長い日

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


平成十九年度富士総合火力演習総合予行(その1) 

2007年08月25日 ()
ようやく重い腰を上げてデジカメの写真をPCに転送し始める。
はい、タイトルの通り先日の総火演予行の件です。
特科火力が熱い!(物理的に
海上自衛官志望ということで今まで海自系のイベントはよく参加させて頂いてたんですが、総合火力演習を見学するのは今回が初めて。これはもうwktkせざるを得ないw
して当日、魔法以上のユカイが降り注ぐかと思ったら、予想以上の豪雨が降り注いだ訳ですが、幸いにも演習開始前には止み一安心。前日の危惧がそれ以上のものとなって帰ってくるとは流石に思わなんだw
しかし悪夢は終わらない。雨は止んだものの、今度は開始直前になって演習場で濃霧発生。酷い時には200m先も見えないほどで、高所だけに霧と言うよりは文字通り暗雲が立ち込めた感じでした。
(上写真は演習後の装備展示を行う野戦特科車両。左から203mm自走榴弾砲、九九式自走155mm榴弾砲、八八式地対艦誘導弾、多連装ロケットシステムMLRS、九二式地雷原処理車。皮肉にも午後から霧が晴れ晴天となった。)


射撃がなかったのが残念でならない
ところで総合火力演習ってのは、野戦特科(野砲、自走砲)、機甲科(戦車)、普通科(装甲車、対戦車ミサイル、迫撃砲等)、航空科(ヘリ)の各種装備品を実弾射撃を交えて紹介する前段演習と、敵軍に占拠された陣地を制圧するというシナリオで実際に戦闘を進める後段演習の二段階があって、ここで思いっきりドンパチをする訳でありますが、民間人がいる手前絶対に事故を起こす訳にはいかない。最近は不祥事続きの自衛隊であるから体面もある。となると、視界不良で射撃標的が見えなくなれば、無闇矢鱈にぶっ放す訳にもいかず、えーと、つまるところ前段演習は全装備実弾使用中止とあいなりました。ドちくしょう
(上写真は後段演習において近接航空支援を行う攻撃ヘリAH-1コブラ。力強い戦闘機動を披露するも、前述の通り射撃は無かった。)

ところで曇天による光量不足もさることながら、撮影技術と画像補正技術が拙いもんだから画質がどうしようもなく悪い。六十年前の戦場写真並みの鮮明度である。
だが少し待ってほしい。逆に「まるで戦場写真みたいで臨場感がある」と考えるんだ。
後は脳内補正でお願いしまつw


偵察警戒車による強行偵察
今年から空自の航空支援がF-4EJから我らが支援戦闘機F-2Aに交代するとの事で非常に楽しみだったんですが、こちらは天候不良で飛行中止になり姿さえ見せない始末w
もう前段演習など色々とどうでも良くなったw
そんなこんなで後段演習。
先ほどよりは霧もマシになり、今度は戦車火力と機銃のみながら実弾射撃も実施され大変素晴らしいものでした。最高のショーだと思わんかね!
見るのに夢中で写真は全く撮ってませんが。(役立たずにも程があるだろ、常考。
(写真は機銃射撃で撹乱しながら敵陣への潜入を試みる八七式偵察警戒車。けたたましい連射の銃声と共に標的へと吸い込まれる曳光弾の軌跡が印象的であった。)

敵陣地を制圧する九〇式戦車と八九式装甲戦闘車
(クリックで別窓拡大)
後段演習の基本的な流れを書くと↓こんな感じか。
観測ヘリOH-1による航空偵察→汎用ヘリUH-1によりバイク偵察部隊空輸、→八七式偵察警戒車による強行偵察→野戦特科火力による攻撃準備射撃(アナウンスのみ)→七四式戦車部隊突入、敵部隊に対し主砲射撃→九二式地雷原処理車による地雷原爆破→九〇式戦車部隊投入、七四式戦車が支援射撃を行う中、九〇式戦車が交互躍進→八九式装甲戦闘車が投入され、戦車部隊と共に突入→見事制圧、IRフレア(らしきもの)をばら撒いてフィナーレ
記憶に頼って書いてるので、一部不正確です。まぁ、こんな“感じ”ってことでw
(写真はフィナーレ直後の演習場。フレアを打ち上げたため全体が白煙に包まれている。手前は戦果拡張のため突入した九〇式戦車と七四式戦車、奥で横隊を成しているのが突破部隊の九〇式戦車と八九式装甲戦闘車である。)


 おまけ。
機甲部隊、機械化歩兵部隊の勇姿
フィナーレ後の演習場を撮った二枚の写真が上手いこと同じ部分で切れてたので、連結して一枚のパノラマ写真っぽくしてみました。せっかくなので1800x600の特大サイズ&圧縮率最低の大サービスですw
クリックで拡大表示します。
演習場の様子が良く分かるかと。

さて、今日は一旦ここで終わり。
次は装備展示の時に撮った各車輌のアップ画像でも載せようと思います。
しかしここんとこ二次元分が足りないしなぁ。フィギュメイトの記事でも載せてワンクッションおくかw
スキャナはまだ調子悪いので、絵はまだうpできません。申し訳ない。
関連記事
スポンサーサイト
[2007.08.25(Sat) 23:59] 自衛隊Trackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

飛龍瑞鶴 by -
IRフレア(らしきもの)は、発煙弾(白燐だかなんかの)だったと思いますよ

by 大和甲型
あ、あれってただの発煙弾なのか。
弾体が激しく発光(燃焼)してたのでフレアの一種かと思いました。

*)あと、相変わらず名前欄間違ってるぞw

コメントを閉じる▲

 ← 生存確認 | TOP | 大和甲型の一番長い日

COMMENT

IRフレア(らしきもの)は、発煙弾(白燐だかなんかの)だったと思いますよ
[ 2007.08.26(Sun) 12:36] URL | #bUOqhcfc | EDIT |

あ、あれってただの発煙弾なのか。
弾体が激しく発光(燃焼)してたのでフレアの一種かと思いました。

*)あと、相変わらず名前欄間違ってるぞw
[ 2007.08.27(Mon) 05:49] URL | 大和甲型 #NKwY6NnY | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 生存確認 | TOP | 大和甲型の一番長い日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。