2017.03 «  - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - » 2017.05
TOP > 1/144 Su-47(S-37)改 ベルクト(その2)
 ← なんという二階級特進w | TOP | グレースメリア解放熱すぎるだろwww

1/144 Su-47(S-37)改 ベルクト(その2)  

すんごく久しぶりとなりますが、ベルクト改の製作記です。
設定的にはベルクト改と言うより、フランカーからベルクトへの過渡期的な仕様ですがw

塗装直前まで行ったぜw
前回の記事で進捗率七割とか言いつつ半年間も放置されていた原因であるところのスジ彫りが漸くなり、やっとこさ塗装の段階に入れました。次回で完結の予感w

今回弄ったのは、機首、エアインテーク、推力偏向ノズルの三点がメインです。
上掲写真はその前二者を示したもので、特に機首に変化がお分かり頂けると思います。
前回の記事で「機首が下向きすぎた」と書きましたが、それを是正するために機首上面にパテを盛り、下面をひたすら削って中心線を1?2mm上に移しました。未接着の前脚が傾いてる所為でまだちょっと下向いてますが、前回よりかなり改善されてます。
余談ですが、前輪は「世界の傑作機」のFw-190からパクってきました。モールドが良くサイズがピッタリだったのでw (ちなみに後輪はアリイの1/144トム猫です。こちらもサイズ的な理由)

エアインテーク付近
エアインテーク周辺。
前回作ったダクトを機体に埋め込み、側面にポリパテを盛ってラインが滑らかになるよう整形しました。写真ではまだ段差があったり表面が粗かったりしてますが、撮影後にちゃんと修正してあります。写真で気付く不備ってのが意外と多いので、塗装前に細部を撮影してPCで確認するのも結構有効な手段だったりしますw

ちょっとサッパリしすぎ鴨
最後に推力偏向ノズル。
こちらも未接着だったので、表面を摺り合わせた後、しっかりと固着させました。中は空洞の予定でしたが、余りにも寂しかったのでコトブキヤだったかウェーブだったかのノズルパーツを入れてみました。まぁノズル内は真っ黒に塗ってあるんで、余ほど覗き込まないと見えませんがw

ウクライナ・フランカーとツーショット塗装直前記念に姉妹機Su-27と並べてみる。
今回最大の目玉であるところの前部形状が、良い感じにフランカーっぽく仕上がったので大変満足です。でもストレーキの所為で大分印象が違って見えますねw



ところで明日は防衛大の入試なんですね。
こんなことしてる場合じゃない気もしますが、正直今回はどうしようもない空気が支配的です。仮面浪人なんてするもんじゃねぇw
あれだ、するとしても文系にしとけ。理系くるとレポート出まくりで受験勉強してる暇なんかないから。
関連記事
スポンサーサイト
[2007.11.09(Fri) 23:59] 航空機模型Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← なんという二階級特進w | TOP | グレースメリア解放熱すぎるだろwww

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← なんという二階級特進w | TOP | グレースメリア解放熱すぎるだろwww