2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - » 2017.11
TOP > ○○空母を撃沈せよ!
 ← 日本で死ぬか戦場で死ぬかの違い? | TOP | シーシェ○ード

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


○○空母を撃沈せよ! 

1週間ぶりの更新となりましたが、台風避泊やら訓練やらの諸事情で海の上にいました。

さて、待望の大型ヘリ空母ヘリ搭載護衛艦「いずも」や新型イージス艦によって対潜、対空、対弾道ミサイル能力の飛躍的向上を遂げる海上自衛隊ですが、水上打撃力については国産SSMを導入して以降は目立った変化は見られませんでした。
が…!

>>我が国の防衛と予算-平成27年度概算要求の概要-(PDF:4.3MB)
P34の技術研究開発の推進の項に

・大型艦艇に対処する誘導弾用弾頭技術の研究
空母等の大型艦艇の外壁を貫徹し、艦艇内部で起爆し、爆風効果で破壊する大型艦艇対処用
弾頭の研究を実施

「空母等の大型艦艇」がどこのリョウネイを指すのかは分かりませんが、よくある「ハープーンで大和を撃沈できるのか?」に代表されるような既存SSMの大型艦に対する貫徹力不足を改善する研究のようです。
具体的には、
>>先進対艦・対地弾頭技術の研究(平成26年度政策評価書(事前の事業評価) )
にあるように、目標直上から先駆弾頭(成形炸薬弾?)が飛行甲板を貫通し、主弾頭(徹甲榴弾)が格納庫または弾庫等の重要区画に突入、その内部を破壊するというもののようです。
これで空母を撃沈できるかは疑問ですが、「航空優勢を確実に確保することが重視される」とあるので航空機運用能力の破壊を目的としてるのは確実と思います。
米空母を封殺すべく急降下爆撃を整備運用した第1航空艦隊を彷彿させますね!
なお、先駆弾頭が成形炸薬弾であるならば弾速が遅いほど威力がある訳で、新型の超音速対艦ミサイルXASM-3用ではなく、既存のASM-1シリーズ用の強化弾頭ということになります。
発射プラットホームについての言及もなく、実用化されれば護衛艦のSSM-1Bにも装備されるのではないでしょうか。(シーバスターって88式地対艦ミサイルの愛称でもあるけど、文脈からしてそれを指してる訳じゃなさそう…?)

あと、深い意味はなさそうですが、
・艦載電磁加速砲の基礎技術に関する研究
弾丸の高初速化により、従来火砲に比較し、射程、威力の大幅な向上が期待でき、革新的な
装備品となる電磁加速砲に関する研究実施に向け、調査を踏まえた技術的成立性に係る検討を
推進
のイメージ図で攻撃されてる水上目標も空母なんですが、レールガンを対空母戦闘に使うと言う事でしょうか!
しかも艦砲ですよ!!
水上部隊で敵空母を撃滅するという帝国海軍の悲願が達成される訳ですね!!!
関連記事
スポンサーサイト
[2014.10.11(Sat) 23:59] 自衛艦の話Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 日本で死ぬか戦場で死ぬかの違い? | TOP | シーシェ○ード

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 日本で死ぬか戦場で死ぬかの違い? | TOP | シーシェ○ード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。