2017.08 «  - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.10
TOP > 1/700 ゆきなみ型護衛艦「みらい」(インド洋作戦時) その8
 ← 1/700 ゆきなみ型護衛艦「みらい」(インド洋作戦時) その9 | TOP | はつゆき型護衛艦の排水量について

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


1/700 ゆきなみ型護衛艦「みらい」(インド洋作戦時) その8 

新年一発目の艦船模型です。
いつもの「みらい」ですけどw

電飾ユニット
さて、これはなんでしょう…。
せっかく格納庫の中を作り込んだのに、あまりにも中が見えなすぎて寂しくなったので電飾することにしました!
とは言え、手の込んだ事をすると完成しなくなるので、LEDを1個仕込むだけです。
スイッチや電池ボックス、抵抗器等は百均のライトユニットをバラして取り出しました。
あとは白色LEDを繋ぎ直してハンダ付けして完成です。
めっちゃお手軽w

遮光
すでに格納庫は完成しているので、LEDを仕込む場所は限定されてしまいます。
奥からぼんやり照らせれば良いや(^^;
設置場所の周囲を遮光のためフラットブラックで厚めに塗装します。
乾いたら上からシルバーを塗れば、遮光はバッチリです。

点灯テスト
点灯テストはこんな感じ。
光源自体は死角にあるので、飛行甲板から覗き込んでも見えません。
これから、電池ボックスとスイッチを取り付けます。

駐機標識マスキング
電飾と平行して格納庫内の塗装も進めていきます。
駐機標識のマーキングは、しらね型、あめ・なみ型、あたご型及びつき型でそれぞれ異なります。
「みらい」」は、あめ型と同世代なのでこれを参考にし、黄線と白線を入れる事とします。
スジボリではなく塗装で仕上げるため、マーキングに沿ってマスキングします。
写真は、駐機位置を示す黄線です。

駐機標識できた!
黄色を塗装したら、今度は中心線を示す白線を同様にして塗装します。
マスキングテープを剥がしてから、はみ出した部分を小筆でタッチアップすれば完成です。
タッチアップ跡が意外と目立つ…。
ま、格納庫内だから良いか(良いのか?)
関連記事
スポンサーサイト
[2015.01.10(Sat) 22:39] 護衛艦「みらい」Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 1/700 ゆきなみ型護衛艦「みらい」(インド洋作戦時) その9 | TOP | はつゆき型護衛艦の排水量について

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 1/700 ゆきなみ型護衛艦「みらい」(インド洋作戦時) その9 | TOP | はつゆき型護衛艦の排水量について
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。