2017.07 «  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - » 2017.09
TOP > 1/700 ゆきなみ型護衛艦「みらい」(インド洋作戦時) その9
 ← 1/700 ゆきなみ型護衛艦「みらい」(インド洋作戦時) その10 | TOP | 1/700 ゆきなみ型護衛艦「みらい」(インド洋作戦時) その8

1/700 ゆきなみ型護衛艦「みらい」(インド洋作戦時) その9 

電飾を進めていきます。

電飾ユニット搭載!
電飾ユニットを実際に組み込んでいきます。
電池ボックスは、艦橋構造物内しかスペースがないので配置は自ずから決まってしまいますね。
電池ボックス自体はABS製なので、プラ棒で囲った上で瞬間接着剤を流し込みました。
電池交換で力がかかった時に外れないよう、ガッチリ固定します。
組み上がった後に中で外れると修理できませんからね。
なお、前回の記事ではスイッチが付いてましたが、スペースの関係で取り外しました。
点灯/消灯は電池の入れ出しで行います。

電池ボックス
艦底部です。
電池交換用の穴を開けました。
買ったはいいけど使ってなかったホットナイフ(ハンダゴテの先端がナイフになってるヤツ)を初めて使いました。
厚いプラ板も簡単に切れます。

いい感じ
点灯テスト
ちょっと明るすぎるけど、いい感じです。
電球色にしようか、ちょっと思案ちう…。
あと、右のシャッターは全閉のつもりでしたが、乗員が歩ける高さだけ半開きにしてるDDHの写真が散見されるので、それを再現しました。
基本的には全開が基本のようで、シャッターを閉じてる写真はウェブ上では数葉しか発見できませんでした(ーー;
また、DDやDDGはシャッターや構造物背面に船体中心を示す白線2本が描かれていますが、僅かに確認できたDDHの写真では、この白線は引かれていませんでした。
「みらい」で再現するかは、これも思案ちう…。

水上レーダー搭載
これと平行してマストも進めています。
0.3mmのプラ角棒で各フラットの支柱を再現します。
ここは「あたご」そのままです。
OPS-28E水上レーダーやスーパーバードのレドームも取り付けました。
キットでは再現されていないOPS-20B航海レーダーも、このあと作ります。

細かい作業ばかりで進んでるように見えない(´・ω・`)
ちゃんと! ちゃんと進んでますよ!!
関連記事
スポンサーサイト
[2015.01.11(Sun) 20:20] 護衛艦「みらい」Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 1/700 ゆきなみ型護衛艦「みらい」(インド洋作戦時) その10 | TOP | 1/700 ゆきなみ型護衛艦「みらい」(インド洋作戦時) その8

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 1/700 ゆきなみ型護衛艦「みらい」(インド洋作戦時) その10 | TOP | 1/700 ゆきなみ型護衛艦「みらい」(インド洋作戦時) その8