2017.09 «  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - » 2017.11
TOP > 1/700 ゆきなみ型護衛艦「みらい」(インド洋作戦時) その11
 ← 1/700 ゆきなみ型護衛艦「みらい」(インド洋作戦時) その12 | TOP | 育毛

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


1/700 ゆきなみ型護衛艦「みらい」(インド洋作戦時) その11 

塗装が苦手な私には苦行以外の何者でもない、飛行甲板の塗装に入ります。
素直にデカール貼れば良いのに…。
でも経年劣化で剥がれてくるじゃないですか。シルバリングするし。

前後をマスキング
と言う訳で、先ずは格納庫甲板と飛行甲板の不要な部分を大まかにマスキングします。
着艦標識を描く場合、二つの方法があります。
・先に標識部分を塗装し、マスキングした後で甲板色を塗る方法
・甲板を塗装した後、標識の縁をマスキングして標識部分を塗装する方法
前者は、ラインが細い場合にはマスキングテープも細く切らねばならず、そうなると粘着力が低下してマスキング不良を起こす欠点があります。
従って、1/350とかの大スケールモデル向けですかね。
今回は1/700なので後者で行きます。

まず1本目
黄色い部分から始めます。
ちなみに「みらい」の南米派遣は200X年なので、着艦標識は旧塗装です。
写真は右舷の斜め線をマスキングした状態。

2本目
右舷の斜め線にフラットイエローを吹いたら、同様にして左舷もマスキングします。
左舷も塗装したら、中央の横線を同じくマスキング&塗装します。

すごいハミ出し
フラットイエローが全て塗装し終わったら、マスキングを剥がします。
密着が不十分だったのか、マスキングテープの隙間から容赦なく吹き込んでしまいました(ーー;
標識部分をマスキングして、甲板色をタッチアップします。

タッチアップ
修正できました。
こんな感じで赤と白の円弧も描いていきます。
うーむ、手間がかかりますね…。
関連記事
スポンサーサイト
[2015.01.16(Fri) 23:59] 護衛艦「みらい」Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 1/700 ゆきなみ型護衛艦「みらい」(インド洋作戦時) その12 | TOP | 育毛

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 1/700 ゆきなみ型護衛艦「みらい」(インド洋作戦時) その12 | TOP | 育毛
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。