2017.06 «  - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - » 2017.08
TOP > 1/700 ゆきなみ型護衛艦「みらい」(インド洋作戦時) その20
 ← 修理中の戦艦「三笠』 | TOP | ダイエット

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


1/700 ゆきなみ型護衛艦「みらい」(インド洋作戦時) その20 

前回、船体の工作終わりとか言いましたが、重要なものを忘れていました。
塗装前に係留装置を再現します。

ボラードの植え付け
まずはボラードです。
所定の位置にあらかじめ開けておいた穴に0.5mmプラ丸棒を植えていきます。

治具を使ってカット
適当な大きさの0.5mmプラ板と0.3mmプラ板を貼付けて治具を作ります。(0.8mmプラ板があれば、それでいいですけどw)
これをガイドにしてニッパーでカットすれば、ボラードの高さを均一に揃えられます。
ニッパーは出来るだけ切れ味の良いものを使います。
私が使ってるのは安定のタミヤです。いま話題のニパ子とかは使ってませんw

フェアリーダー量産
次はフェアリーダーです。
0.3mmプラ板を1mm幅に切り出し、0.4mmの穴を大量に開けていきます。
穴の周囲をナイフで丸く成形して切り出せば、クローズドフェアリーダーが量産できる訳です。
必要数以上に作って、出来のいいものを選別して使用します。

係留装置2
係留装置1
あたご型の写真を参考にして、フェアリーダーを接着していきます。
接着の際は、あらかじめペンで舷側にマーキングしておくと位置決めが楽です。
また、通常の接着剤で点付けし、流し込み接着剤で固定すると強固に接着できます。

今度こそ船体の工作は終わりです(^^;
いよいよ塗装ですね!
関連記事
スポンサーサイト
[2015.02.28(Sat) 23:59] 護衛艦「みらい」Trackback(0) | Comments(4)
↑TOPへ


COMMENT

by ニャンモ
どうもお久しぶりです。ニャンモでございます。
沼の会ではお世話になりましたし、わたくしのブログの方にもコメントを頂いていた様でして、有難うございます。
 しかし、フェアリーダーもこれだけ付くと壮観ですね!
 横須賀で基地解放の際に護衛艦に乗艦したことがありましたが、コンパクトに見えて実は結構大きいのでビックリした記憶があります。

by 大和甲型
お久しぶりですーっ。
大和甲型です。
その節はお世話になりました(^^)

係留装置の作り直しは面倒ですが、効果はバッチリと思います。
大きさは係留能力(艦の大きさ)によって決まるので、イージス艦ともなると結構な存在感になるのではないでしょうか。

by ムスペルヘイム
レジンキットとかだとねー、フェアリーダーが型抜きの際に欠損しているケースがごくまれによくあるんですなぁ。
やはりそういう時はこうしてピンバイスで穴を開け、プラ棒で作り直してやらんとアカンのですが、いやはや参考になります。

唯一の大問題は、儂の所有するニッパーは既にサビがあちこちに浮いて切れ味もナマクラ過ぎるという点ですが!(駄

by 大和甲型
レジンキットは、PT社とかの大手でもフェアリーダ欠損してますよね…。
日本海軍とかの開放型フェアリーダ(C字型のやつ)は、エッチングパーツが充実していますし、最近ではナノドレッドも出ましたので、それらを使った方が手軽で綺麗に仕上がると思います。
しかし、何故か閉鎖型フェアリーダってアフターパーツ出ないんですよね!
と言うことで、簡単に量産できる方法を考えてみました。
参考になれば幸いです(^^)

ニッパーは、無駄に高価なものを買い揃える必要はありませんが、切れ味悪くなったら買い換えましょうよ!
とか言いつつ、私も普段の雑用は100均のニッパー使ってますが(笑)

コメントを閉じる▲

 ← 修理中の戦艦「三笠』 | TOP | ダイエット

COMMENT

どうもお久しぶりです。ニャンモでございます。
沼の会ではお世話になりましたし、わたくしのブログの方にもコメントを頂いていた様でして、有難うございます。
 しかし、フェアリーダーもこれだけ付くと壮観ですね!
 横須賀で基地解放の際に護衛艦に乗艦したことがありましたが、コンパクトに見えて実は結構大きいのでビックリした記憶があります。
[ 2015.03.02(Mon) 00:03] URL | ニャンモ #- | EDIT |

お久しぶりですーっ。
大和甲型です。
その節はお世話になりました(^^)

係留装置の作り直しは面倒ですが、効果はバッチリと思います。
大きさは係留能力(艦の大きさ)によって決まるので、イージス艦ともなると結構な存在感になるのではないでしょうか。
[ 2015.03.03(Tue) 04:38] URL | 大和甲型 #NKwY6NnY | EDIT |

レジンキットとかだとねー、フェアリーダーが型抜きの際に欠損しているケースがごくまれによくあるんですなぁ。
やはりそういう時はこうしてピンバイスで穴を開け、プラ棒で作り直してやらんとアカンのですが、いやはや参考になります。

唯一の大問題は、儂の所有するニッパーは既にサビがあちこちに浮いて切れ味もナマクラ過ぎるという点ですが!(駄
[ 2015.03.24(Tue) 13:00] URL | ムスペルヘイム #CAZrLNx6 | EDIT |

レジンキットは、PT社とかの大手でもフェアリーダ欠損してますよね…。
日本海軍とかの開放型フェアリーダ(C字型のやつ)は、エッチングパーツが充実していますし、最近ではナノドレッドも出ましたので、それらを使った方が手軽で綺麗に仕上がると思います。
しかし、何故か閉鎖型フェアリーダってアフターパーツ出ないんですよね!
と言うことで、簡単に量産できる方法を考えてみました。
参考になれば幸いです(^^)

ニッパーは、無駄に高価なものを買い揃える必要はありませんが、切れ味悪くなったら買い換えましょうよ!
とか言いつつ、私も普段の雑用は100均のニッパー使ってますが(笑)
[ 2015.03.24(Tue) 18:53] URL | 大和甲型 #NKwY6NnY | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 修理中の戦艦「三笠』 | TOP | ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。