2017.02 «  - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - » 2017.03
TOP > 艤装品の表現 その2「指揮官旗」
 ← あらいぐま ラスカル | TOP | 1/700 ゆきなみ型護衛艦「みらい」(インド洋作戦時) その22

艤装品の表現 その2「指揮官旗」 

日本海軍艦艇の模型では、キットに準備されていたり別売りデカールに入っていたりする指揮官旗
作例でも、特にメインマストに大将旗や中将旗を掲げた戦艦を目にすると思います。
一方で、自衛艦の模型ではキットにも別売り品にも指揮官旗はなく、これを再現した作例も圧倒的に少ないのではないでしょうか。

という事で、艤装品ではありませんが、今回は海上自衛隊の指揮官旗について紹介します。

詳しくは、海上自衛隊旗章規則(注:PDFです)にある通りですが、抜粋・要約します。

 海将旗
海将たる指揮官が座乗する自衛艦に掲げる。
例えば、地方総監や自衛艦隊司令官、護衛艦隊司令官、潜水艦隊司令官などが乗艦している場合である。
ただし、SF旗艦やEF旗艦が廃止されて久しいため、日常的に掲揚する艦はいない。

 海将補旗
海将補たる指揮官が座乗する自衛艦に掲げる。
各護衛隊群司令や掃海隊群司令など。

 代将旗
編成上将官を当てるべき配置(艦隊司令官、群司令)に、1佐たる指揮官が任命された場合に使用する。
現状では、海洋業務群司令や各潜水隊群司令等が慣例的に1佐配置であるため、観測艦や潜水母艦で使用する他、護衛隊群司令に将補昇任予定の1佐が配置された場合に掲揚する。

 隊司令旗
隊司令が座乗する自衛艦に掲げる。
護衛隊や潜水隊、輸送隊司令など1佐職が掲げる隊司令旗(甲)と、2佐職以下である掃海隊・ミサイル艇隊司令が掲げる隊司令旗(乙)がある。
ただし、階級ではなく職位に対する旗であるため、2佐が護衛隊司令になった場も隊司令旗(甲)を、1佐がミサイル艇隊司令になった場合も隊司令旗(乙)を掲げる事になる。

 長旗
幹部海上自衛官が指揮を執る自衛艦に掲げる。
先任指揮官が艦長・艇長の場合(司令官や司令が乗っていない場合)であるから、最も使用頻度の高い指揮官旗である。

支援船を除き、幹部海上自衛官が乗り組んでいない自衛艦は存在しませんので、指揮官旗が掲げられていない状態はあり得ません。(潜水艦は例外)
少なくとも長旗が掲揚されている筈です。

また、指揮官旗は2旗以上を同時に掲揚することはできません。
従って、長旗を掲げている時に隊司令が乗艦したならば、長旗を降ろして隊司令旗を揚げます。
群司令が乗艦すれば、隊司令旗を降ろして海将補旗に揚げ変えることになります。
「海上幕僚長旗」は、指揮官旗ではなく内閣総理大臣旗等に含まれるため、指揮官旗と同時に掲揚します。
「先任旗」も指揮官旗ではなく、基地以外の港に複数の部隊が停泊する場合に、先任指揮官の所在を示すために使用します。
従って、先任旗と指揮官旗も同時に掲揚します。

旗には序列があり、最上位は国旗及び自衛艦旗、次に内閣総理大臣旗等、指揮官旗はその階級ごととなります。
マストに自衛艦旗と海上幕僚長旗、海将補旗を同時に掲揚する場合は、マストトップに右から序列順に掲揚します。
ただし、内閣総理大臣旗等が使用されるのは観艦式など特別な場合のみで、日常的に使われる事はありません。
先任旗に序列はありませんが、マストの最上桁右舷に掲揚する事となっており、自衛艦旗をマストに掲揚する場合は自衛艦旗の左側に掲げる事になると思います。(先任旗は使用した事がないため、確証はないです…。)
関連記事
スポンサーサイト
[2015.03.12(Thu) 23:59] 艤装品の表現Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← あらいぐま ラスカル | TOP | 1/700 ゆきなみ型護衛艦「みらい」(インド洋作戦時) その22

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← あらいぐま ラスカル | TOP | 1/700 ゆきなみ型護衛艦「みらい」(インド洋作戦時) その22