2017.05 «  - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - » 2017.07
TOP > 1/700 ゆきなみ型護衛艦「みらい」(インド洋作戦時) その24
 ← 艤装品の表現 その3.5「軍艦旗と旗竿」(補足) | TOP | 「いずも」に謎の装備があるんだけど…。

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


1/700 ゆきなみ型護衛艦「みらい」(インド洋作戦時) その24 

2015年04月11日 ()
久しぶりの更新となってしまいました。
そこら辺は職業柄と言うか、お察しください。

艤装開始!
ちまちまと進めています。
戦闘通路とアンテナ類を追加したことで、一気にそれっぽくなりました!

白線のスミイレ
戦闘通路のスジ彫りを彫り直しました。
これで白塗料が均一に流れましたが、やはり拭き取りの際に甲板全体が白っぽくなってしまいます。

上甲板仕上げ
戦闘通路内を佐世保工廠色で筆塗りしました。
本来、戦闘通路は他の甲板面と同色ですが、滑止めの砂を撒いているため光の当たり方で暗くなったり明るくなったりします。
雑誌作例でよくあるジャーマングレイは、少しコントラストが強すぎるかなと思いますので、今回は呉工廠色のデッキ+佐世保工廠色の戦闘通路の上から呉工廠色でウォッシングして馴染ませる、という手法をとりました。
ランダムに濃淡をつけることで滑止めの感じを出したかったんですが、手間の割に思ったほどの効果は得られませんでしたね…。

艦橋周り
ウィングのデッキ面は、「あたご」では樹脂製のスノコマットが敷かれているので、これをイメージしてNATOグリーンで塗りました。
護衛艦ではあまり使わない色なので、地味ながらアクセントになります。
また、あたご型やこんごう型後期では、艦橋前面のフリーサット衛星通信アンテナはドーム状のUSC-42ですが、今回は模型映えを考え原作準拠で皿状のOE-82Cとしました。
年代的には、こんごう型後期と同世代なのでUSC-42でも問題ありません。
敢えて理由付けをするとすれば、予算削減のため旧式装備となったとかですか。
あめ・なみ型のように常設装備とせず、海外派遣の際に僚艦から移設して使い回しているという設定も付け加えると完璧ですね(笑)
SPY-1のアンテナ下側は、ジャーマングレイを吹いて汚しています。
アンテナの機器室はガンガンに冷却しているため、炎天下を行動するとアンテナ表面が結露して下側に滴り常に濡れた状態になります。
これを再現した訳です。

格納庫外壁
割れた部分は、きれいに修復できました。
表面処理の際、溶接痕が予想以上に消えてしまったため、塗装により少し強調しています。
航空機模型でよく見られる、マスキングテープを貼った上からエアブラシで吹く技法です。
船体全体の溶接痕に対して行いました。

水平灯周り
水平灯も取り付けました。
キットパーツがオーバースケールだったので外周を削って小型化したのですが、まだ大きいようです。
灯火部分は、エナメル塗料のクリアグリーンでスミイレしています。
また、艦尾側の水平灯は、上部に着艦指示灯をプラ材で追加しました。(赤い部分)
関連記事
スポンサーサイト
[2015.04.11(Sat) 23:59] 護衛艦「みらい」Trackback(0) | Comments(1)
↑TOPへ


COMMENT

管理人のみ閲覧できます by -

コメントを閉じる▲

 ← 艤装品の表現 その3.5「軍艦旗と旗竿」(補足) | TOP | 「いずも」に謎の装備があるんだけど…。

COMMENT

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015.04.13(Mon) 12:58] URL | # | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 艤装品の表現 その3.5「軍艦旗と旗竿」(補足) | TOP | 「いずも」に謎の装備があるんだけど…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。