2017.03 «  - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - » 2017.05
TOP > 1/700 巡洋潜水艦「シュルクーフ」
 ← アオシマ「ワスプ」のボックスアートがひどい | TOP | 艤装品の表現 その6「舷灯」

1/700 巡洋潜水艦「シュルクーフ」 

2015年09月25日 ()
ちょっと息抜きと思って、5年くらい前に買って積んであった食玩の「シュルクーフ」を製作しました。
シュルクーフ1

戦間期にフランス海軍が建造した大型潜水艦です。
20.3cm連装砲を搭載した特徴的な姿は、映画「ローレライ」で一躍有名になりましたね。懐かしいw
シュルクーフ2

息抜きのため、ほとんど手は加えていません。
シュルクーフ3
キットでは肝心の連装砲塔がちょっと大きすぎて、セイル部との間に段差ができてしまっています。
なので、砲塔を一度分離し、底部を1mmほど削ってから再接着しました。
また、砲塔とセイル部の間に隙間も空いていたので、セイル側に0.3mmプラ板を貼り付けて埋めています。
潜望鏡も太かったので、0.3mm真鍮線に置き換えました。

シュルクーフ4
水上機格納庫は水密扉を閉じた状態とし、水上機固定用の穴も埋めてしまいました。
なお、クレーンの位置が本キットとホビーボスの1/350では違うようで、Wikipediaのを見てもイラストと模型画像で食い違っていてハッキリしません。
分からないものは付けない、という正義。

塗装はキットのままですが、セイルの加工部をジャーマングレイ、甲板加工部を茶色(陸自)でタッチアップしています。
あと、タミヤのウェザリングマスターでちょっと汚してます。
関連記事
スポンサーサイト
[2015.09.25(Fri) 23:59] 艦船模型Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← アオシマ「ワスプ」のボックスアートがひどい | TOP | 艤装品の表現 その6「舷灯」

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← アオシマ「ワスプ」のボックスアートがひどい | TOP | 艤装品の表現 その6「舷灯」