2017.02 «  - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - » 2017.03
TOP > 1/1250 いずも型護衛艦「かが」(就役時) その1
 ← 1/1250 いずも型護衛艦「かが」(就役時) その2 | TOP | プララジショー2015

1/1250 いずも型護衛艦「かが」(就役時) その1 

「みらい」が完成してないのに新たに建造を始める悪い癖が…。
全ては観艦式が悪い。
「いずも」を中心に展開する機動部隊を生で見て、どうしても作りたくなってしまいました。
なお、観艦式は仕事で参加したので写真はありません。
「うらが」に乗艦されたメバル警備所さんが、素晴らしい写真の数々を掲載されているので観艦式の詳細はこちらをどうぞ。

建造開始
それでは建造開始です。
今回は個艦の作り込みではなく、大艦隊を並べるのが目的のため、スケールは1/1250です。
F-toysから現用艦船キットコレクションという食玩が出ていますが、これと同じスケールですね。
写真で並んでいるのが同シリーズの「むらさめ」と「きりしま」。
いずも型が如何に巨大か分かります。

竜骨
このスケールのいずも型は、レジンキットも含めまだ製品化されていない(ひゅうが型は海外製ダイキャスト品があるらしい)ので、当然フルスクラッチです。
世界の艦船増刊「自衛艦ディティール写真集3」とイカロスの「いずも型護衛艦モデリングガイド」がタイミングよく発売されたので、制作資料として大変参考になります。
まずは、ディティール写真集に掲載の2面図を縮小コピーして、1/1250に合わせたものを0.5mmプラ板に転写して船体を切り抜きます。
上甲板の中心線上に側面形のプラ板を立て、5mmのプラ角棒2本で挟み込みます。
この角棒が心材と言うかキールになりますので、二重キールと言えなくもないですね(笑)
舷側外板は、同じく0.5mmプラ板を切り出して貼り付け、フレーム代わりのプラ材で補強しています。
艦首のフレアや艦尾の曲線は、これからポリパテで成形します。

エレベータ
制作上の利便性を考えて、飛行甲板は別パーツにしました。
これも前掲の2面図から転写したものを切り出しています。
エレベーターは、筋彫りでの再現です。(視認性をよくするためスミイレしています)
丸角の筋彫りは、ハセガワのエッチング製テンプレートが大変役に立ちます。

艦尾
特徴的な舷側エレベーターは、プラ板の箱組みで再現しています。
正確な形状を出すため、モデリングガイドの真艦尾から写した写真から採寸して作図しました。
細かいところは現物あわせですが(笑)

で、観艦式の「いずも」に触発されて制作するのに、なんで「かが」なのかってとこですが…。
かが」は、RCS低減のため舷側の開口部(作業艇レセスや係留設備、舷梯など)に開閉式ハッチカバーが新たに装備されました。
つまり、これを閉じた状態で制作すれば、複雑な構造物を全て省略して船体をフラットにできるわけですね!
今回の目標は無事に完成させることなので、楽できるとこは出来るだけ楽する方向で(笑)
本物が竣工する前に完成させたい。
関連記事
スポンサーサイト
[2015.11.30(Mon) 23:59] 1/1250 現用艦船Trackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

お久しぶりです。 by メバル所長
「かが」の建造、進んでいますね。
「かが」舷側部の開口部が、開口式ハッチになったとのこと。
やっとか、と安心しました。
「ひゅうが」型そして「いずも」、そこまで艦型を考えて建造するなら、開口部にハッチかシャッターを付けて貰いたいと考えていました。
この次は、DD-119,-120の11m作業艇を何とかしてほしいと思っています。
しかし、見ていると11m作業艇、荒れた海でも平気で航行しているし、色々な意味で捨てがたいのかな?乗っている皆さん、幌を付けると濡れないしね(^_^)

お久しぶりです(^^) by 大和甲型
順調だったんですが、航空管制室の複雑すぎる形状に手間取っております(`・ω・´;
ひゅうが型も11m作業艇のレセスには遮蔽幕が付いていますが、実際に展張しているところは見たことがありません。
戦時下でない限りは、邪魔なだけですしね(笑)
ハッチは、開閉部の整備が大変そうです。

次のイージス艦からは、作業艇を削減するそうですね。
DDも、あきづき型から減らされています。
投錨時の上陸は、1隻でやりくりするんでしょうか。
人数の多いイージス艦は大変そうです。
作業艇は、7.9m型内火艇に比べると乗り心地も良いし、スピードも出るので良いですよ。
小回りは利かないので、魚雷揚収などは複合型作業艇で行います。

コメントを閉じる▲

 ← 1/1250 いずも型護衛艦「かが」(就役時) その2 | TOP | プララジショー2015

COMMENT

「かが」の建造、進んでいますね。
「かが」舷側部の開口部が、開口式ハッチになったとのこと。
やっとか、と安心しました。
「ひゅうが」型そして「いずも」、そこまで艦型を考えて建造するなら、開口部にハッチかシャッターを付けて貰いたいと考えていました。
この次は、DD-119,-120の11m作業艇を何とかしてほしいと思っています。
しかし、見ていると11m作業艇、荒れた海でも平気で航行しているし、色々な意味で捨てがたいのかな?乗っている皆さん、幌を付けると濡れないしね(^_^)
[ 2015.12.01(Tue) 14:27] URL | メバル所長 #- | EDIT |

順調だったんですが、航空管制室の複雑すぎる形状に手間取っております(`・ω・´;
ひゅうが型も11m作業艇のレセスには遮蔽幕が付いていますが、実際に展張しているところは見たことがありません。
戦時下でない限りは、邪魔なだけですしね(笑)
ハッチは、開閉部の整備が大変そうです。

次のイージス艦からは、作業艇を削減するそうですね。
DDも、あきづき型から減らされています。
投錨時の上陸は、1隻でやりくりするんでしょうか。
人数の多いイージス艦は大変そうです。
作業艇は、7.9m型内火艇に比べると乗り心地も良いし、スピードも出るので良いですよ。
小回りは利かないので、魚雷揚収などは複合型作業艇で行います。
[ 2015.12.25(Fri) 08:41] URL | 大和甲型 #NKwY6NnY | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 1/1250 いずも型護衛艦「かが」(就役時) その2 | TOP | プララジショー2015