2017.04 «  - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - » 2017.06
TOP > 1/1250 むらさめ型護衛艦「むらさめ」(就役時) その4
 ← 腹が減っては戦はできぬ。 | TOP | アラフォーだって「女子」でいいじゃない

1/1250 むらさめ型護衛艦「むらさめ」(就役時) その4 

今年度、最後の更新となります。
ホント、1年って早い。

むらさめ中部
いよいよ最終段階、艦中央部を作り始めました。
右上がキット素組みですが、SSM-1Bキャニスターの造形があまりに酷すぎるので、プラ材で新造しました。
キットのままだと装備位置も間違っているので注意してください。

ブラストディフレクター
まずは、ブラストディフレクターが省略されているので再現します。
使用したのは、0.14mm厚プラストライプです。
寸法や形状は、写真を参考にした現物合わせになります。

SSM-1Bの製作
キャニスター自体は0.3mmプラ丸棒です。
4本を束にして接着した後、伸ばしランナーで固定用の架台を作りつけました。
ぐるっと巻くと丸くなってしまうので、一辺づつカットして正方形にします。
低粘度の両面テープで作業台に固定すると、作業しやすいです。
極小パーツを扱う場合、カッターマットだと柔らかすぎて切断時にめり込んでしまいますので、私は百均の下敷きを使っています。
適度な硬さでエッチングパーツや金属線のカットにも対応できますし、スチロール系接着剤をこぼしても溶けづらいのでプラモ製作に適していると思います。
買い替えコストもかかりませんし。

米粒サイズ(笑)
ちなみに、このくらいの大きさです。
昔(と言っても20年くらい前)、米粒に字を書く人が話題になりましたが、米粒サイズのSSMを作ることになるとは(笑)
作業にはルーペとピンセットが欠かせません。


さて、この後、張り線してホイップアンテナを付けたら完成!
…の予定だったのですが(´・ω・`)
マストに揚旗線を張っている最中に、手がマストトップに当たってタカンが破損!
実はマストトップを折ったのは6回目で、さすがに強度不足は明白なので真鍮線で作り直すことにしました。
が、この作業中にマスト自体が倒壊、張り終えた揚旗線も切断…。
モチベーション急降下で現在に至ります。
完成目前でこれかよ…!
関連記事
スポンサーサイト
[2016.03.31(Thu) 23:59] 1/1250 現用艦船Trackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

クー、シビレル! by メバル所長
1/1250の「きりさめ」に揚旗線を張るの~!?
目を悪くしない様に!
お仕事に差し支えが出ますよ。

し、しびれる(指先が by 大和甲型
揚旗線は、メタルリギングという0.015mmの金属線を使います。
もはやiPhoneのカメラでは撮影できないレベルの細さで、写真で見ても見栄えしないかも知れません(笑)
昔に比べて手元のピント調節が苦手になってきました…。
でも、遠くはハッキリ見えますよ!(老眼)

コメントを閉じる▲

 ← 腹が減っては戦はできぬ。 | TOP | アラフォーだって「女子」でいいじゃない

COMMENT

1/1250の「きりさめ」に揚旗線を張るの~!?
目を悪くしない様に!
お仕事に差し支えが出ますよ。
[ 2016.04.01(Fri) 22:14] URL | メバル所長 #- | EDIT |

揚旗線は、メタルリギングという0.015mmの金属線を使います。
もはやiPhoneのカメラでは撮影できないレベルの細さで、写真で見ても見栄えしないかも知れません(笑)
昔に比べて手元のピント調節が苦手になってきました…。
でも、遠くはハッキリ見えますよ!(老眼)
[ 2016.04.02(Sat) 02:31] URL | 大和甲型 #NKwY6NnY | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 腹が減っては戦はできぬ。 | TOP | アラフォーだって「女子」でいいじゃない