2017.06 «  - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - » 2017.08
TOP > ラッタル
 ← 艤装品の表現 その8 「戦闘通路(滑り止め)の塗装」 | TOP | イメチェン中

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


ラッタル 

2016年04月12日 ()
広報で自衛艦に乗ったことがある人は、非常識なほど急な階段を目にしたことと思う。
部外の人にも分かりやすいようにアナウンスでは「階段に注意してください」とか言ってるが、あれは階段ではない。
「ラッタル」である。
漢字で書くと「傾斜梯子」で、梯子の一種である。
ところで、マストや構造物に掛かっている梯子は、「梯子」とは呼ばない。
「垂直ラッタル」である。
いやいや。
ラッタルが傾斜梯子なんだから、それはおかしい。
「垂直傾斜梯子」ってなんやねん。
それはもう梯子だろう。

垂直ラッタルって海軍時代から言ってたのだろうか。

ちなみに、上甲板から岸壁に降ろされている階段は「舷梯」と言う。
民間ではタラップとも呼ばれるが、海自では「舷梯」で統一されている。
また、縄梯子は「ジャコップ」である。
これは本来「ジャコップラダー」であり、旧約聖書における「ヤコブの梯子」が語源らしい。
ジャコップは英語、タラップはオランダ語であるが、ラッタルだけは語源が諸説あってハッキリしない。
関連記事
スポンサーサイト
[2016.04.12(Tue) 23:59] 自衛艦の話Trackback(0) | Comments(4)
↑TOPへ


COMMENT

結構好きです by メバル所長
こういった小話?

ラッタルと言う呼称は、亡くなった父から良く聞いていました。
艦艇の見学の時に、「年寄りには、上り下りが辛い階段だな」と思っていました。
梯子だったのですね、納得です。

ところで、父から「半舷上陸の時に・・・・」という話も聞きました。半舷上陸という言葉は、海上自衛隊でも使っているのですか?
そして、その意味が分かりましたら教えてください。
よろしく、お願いいたします。

良かったです(^^) by 大和甲型
慣れてくると駆け下りたり、動揺を利用して二段飛ばしで登ったりできます。
安全上は推奨できませんが(笑)

>半舷上陸
乗員には上陸部舷と呼ばれるグループ分けがございまして、通常であれば、曹長・1曹は1/6、2曹・3曹は1/5、士長は1/4、1士・2士は1/3の当直となります。
しかし、某国のミサイル発射など緊急出港が予め想定される場合には、当直部舷を総員1/2にすることがあります。
これが半舷上陸で、上陸札には「右舷」「左舷」と書かれています。
海上自衛隊でも使っています。

有難うございます by メバル所長
分かりやすい説明、有難うございます。

お礼が遅れて申し訳ありませんでした。
熊本地震の事があり、私のちょっとふざけた自衛隊ネタのブログをアップして良いものか、迷っていたりしてお礼が遅れてしまいました。
地震に関しては人ごとでなく、且つ、私の住む地域は津波の問題もあるので、重く感じてしまいました。



お気になさらずに(^^) by 大和甲型
震災のことは心配ですが、ブログ更新を自粛することはないと思いますよ。
自衛官が不謹慎な書き込みを連発するなら問題ですが、民間の方のブログで、しかもメバル警備所さんは被災地や救助隊員に不利益な書き込みをするようなブログでもないですし。
むしろ積極的に更新して、災害派遣部隊や消防・警察の方を応援してあげてください。
逆に、私のように災害派遣部隊に指定されていない部隊の隊員は、被災地の役にも立てず、ただ自分の任務に専念するしかないのを歯がゆく感じてしまいます。

コメントを閉じる▲

 ← 艤装品の表現 その8 「戦闘通路(滑り止め)の塗装」 | TOP | イメチェン中

COMMENT

こういった小話?

ラッタルと言う呼称は、亡くなった父から良く聞いていました。
艦艇の見学の時に、「年寄りには、上り下りが辛い階段だな」と思っていました。
梯子だったのですね、納得です。

ところで、父から「半舷上陸の時に・・・・」という話も聞きました。半舷上陸という言葉は、海上自衛隊でも使っているのですか?
そして、その意味が分かりましたら教えてください。
よろしく、お願いいたします。
[ 2016.04.15(Fri) 18:08] URL | メバル所長 #- | EDIT |

慣れてくると駆け下りたり、動揺を利用して二段飛ばしで登ったりできます。
安全上は推奨できませんが(笑)

>半舷上陸
乗員には上陸部舷と呼ばれるグループ分けがございまして、通常であれば、曹長・1曹は1/6、2曹・3曹は1/5、士長は1/4、1士・2士は1/3の当直となります。
しかし、某国のミサイル発射など緊急出港が予め想定される場合には、当直部舷を総員1/2にすることがあります。
これが半舷上陸で、上陸札には「右舷」「左舷」と書かれています。
海上自衛隊でも使っています。
[ 2016.04.16(Sat) 23:36] URL | 大和甲型 #NKwY6NnY | EDIT |

分かりやすい説明、有難うございます。

お礼が遅れて申し訳ありませんでした。
熊本地震の事があり、私のちょっとふざけた自衛隊ネタのブログをアップして良いものか、迷っていたりしてお礼が遅れてしまいました。
地震に関しては人ごとでなく、且つ、私の住む地域は津波の問題もあるので、重く感じてしまいました。


[ 2016.04.22(Fri) 22:16] URL | メバル所長 #- | EDIT |

震災のことは心配ですが、ブログ更新を自粛することはないと思いますよ。
自衛官が不謹慎な書き込みを連発するなら問題ですが、民間の方のブログで、しかもメバル警備所さんは被災地や救助隊員に不利益な書き込みをするようなブログでもないですし。
むしろ積極的に更新して、災害派遣部隊や消防・警察の方を応援してあげてください。
逆に、私のように災害派遣部隊に指定されていない部隊の隊員は、被災地の役にも立てず、ただ自分の任務に専念するしかないのを歯がゆく感じてしまいます。
[ 2016.04.26(Tue) 17:47] URL | 大和甲型 #NKwY6NnY | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 艤装品の表現 その8 「戦闘通路(滑り止め)の塗装」 | TOP | イメチェン中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。