2017.07 «  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - » 2017.09
TOP > 1/700 やまぐも型護衛艦「まきぐも」(S45年時) その2
 ← A型いただきました。 | TOP | 1/700 やまぐも型護衛艦「まきぐも」(S45年時) その1

1/700 やまぐも型護衛艦「まきぐも」(S45年時) その2 

再びの週末…。
思うように進みません。
中学生の頃は3日で完成とかやってたんですがね。。。

まきぐも
マストが組み終わりました。
大きな変化はそれぐらい?
以下、細かく見ていきます。

艦橋
メインマストは、キットのものをベースにして、省略されたトラスを0.3mmプラ丸棒で再現しています。
が、実は側面のトラス構造、前後が逆になっております。
これを直すには、トラスを削り取って組み直すしかありませんが、言われなければ気付かないので今回はパスしました。
ピットも後からミスに気付いたようで、専用エッチングパーツのメインマストは正しく再現されています。
楽したい場合はエッチングをどうぞ。
そして、艦橋構造物の塗装に入りました。
全体的に暗すぎたようで、これから調整して塗り直します。

マスト
使用したのは、
壁面:ニュートラルグレー、甲板:呉海軍工廠色、戦闘通路:佐世保海軍工廠色
です。
海自グレーが手元になくて手抜きしました。
その結果がこれだよ!!
クレオスの自衛艦専用色を試してみたい今日この頃。
なお、旗甲板の戦闘通路については、S45年時のパターンを確認できませんでしたので、公試運転時のものを再現しています。
白線はなしです。
滑り止めは、当時は硅砂ではなく、紙ヤスリみたいな樹脂(?)をレンガ模様のようなパターンで貼付していました。
1/700では細かすぎるため、ただの濃いめのグレーで茶を濁す所存。
あと、細かいことですが、この頃の1番方位盤の側幕(キャンバス)は前半分しかありませんでしたので、台座パーツの後ろ半分を切除しています。

OPS11前
対空捜索レーダーであるOPS-11です。
キットパーツのままでは、剣山のようであまりにも実感に欠けるので、ちょっと加工します。
この空中線は極めて独創的・特徴的な形状で、一つの見どころになるので、手持ちのエッチングパーツに余裕があれば、そちらを強くお勧めします。

OPS11後ろ
0.3mmプラ棒と伸ばしランナーで、省略されていた前面側の空中線を再現しました。
全部はとても無理ですが、これだけでも雰囲気は出るかと思います。

VDS
艦尾のVDSフィッシュのレセスです。
キットでは、上甲板のオーバーハングは再現していますが、肝心のレセスについてはヒケと見間違えそうな凹みがあるだけです。
ここは、S45年時の特徴でもあるので、ナイフで彫り込んでレセス上部を開口し、下部はは筋彫りで観音扉を再現します。
なお、VDSとは可変深度ソーナーの略で、送受波器を艦尾から曳航して使用します。
この送受波器を収めた曳航体をフィッシュと呼び、レセスはその格納庫になります。
今回、フィッシュの再現はしていません。
関連記事
スポンサーサイト
[2017.01.15(Sun) 20:31] 艦船模型Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← A型いただきました。 | TOP | 1/700 やまぐも型護衛艦「まきぐも」(S45年時) その1

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← A型いただきました。 | TOP | 1/700 やまぐも型護衛艦「まきぐも」(S45年時) その1