2017.10 «  - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - » 2017.12
TOP > 1/700 やまぐも型護衛艦「まきぐも」(S45年時) その3
 ← 艤装品の表現 その9「信号旗」 | TOP | A型いただきました。

1/700 やまぐも型護衛艦「まきぐも」(S45年時) その3 

さてさて、サクッとは完成しませんでしたが、いつもよりは良いペースで進んでおります。
「まきぐも」の続きです。
ちなみに、なんで「まきぐも」にしたのかと言うと、同型艦の中で最も差別化がしやすかったからです。詳細は後述。

まきぐも3
船体の塗装と細かい艤装を並行して進めております。
前回の反省から、外舷色はMR.カラーのミディアムシーグレーにしてみました。
実際の色味とはちょっと違いますが、雰囲気は出ていると思います。
そのうち新発売の自衛艦カラーセットも使ってみたいですね。

ファンネルキャップ
前部煙突に0.3mmプラ棒でファンネルキャップを再現しました。
これを装備しているのは、「くも」クラスの中でも「まきぐも」だけで、大きな特徴となっています。
実際はフェンス状の囲いで覆われていますが、稀に取り外している写真もあるようなので、今回は骨組みのみ作りつけています。
ファンネルキャップの装備理由は判然としません。
大馬力ディーゼル艦の2番艦ということで、試験的な装備だったのではないかと思います。
これ以降のディーゼル艦には見られないことから、大きな効果はなかったようですが…。
また、前回、書くのを忘れていましたが、メインマストの接地部(最下段)はハの字型に広がっているので、下端が煙路室と同じ幅になるくらいまでキットパーツを曲げて加工しています。

前部ポスト
艦橋の窓は、今までブラックで塗りつぶしていましたが、今回は海面が窓ガラスに反射してるイメージでネイビーブルーにしてみました。
3in速射砲のガラス部も同様です。
前部補給ポストは、キットパーツでは太すぎるので0.3mmプラ棒にて作り直しました。
甲板上の戦闘通路は、就役時を再現したキットのモールドに従い、佐世保工廠色を塗装しています。
昭和45年当時は、白線はありません。
正確には、ベタ塗りではなく、積まれたレンガのように長方形の滑止めシートを互い違いに敷き詰めたような施工法でしたが、今回は割愛しています。
また、当時は錨甲板にも戦闘通路が描かれているので、これを再現しました。

後部ポスト
後部の補給ポストは、太いとか以前に形が全然違うのでプラ材で作り直しています。
船体中心線より右舷に寄っていて、左右非対称です。
実は前部煙突後面の補給ポストも左右非対称なのですが、今回はキットのままとしています。
後部の戦闘通路は、VDS搭載後のパターンが分からなかったので、就役時のものを参考に想像で塗装しています。

ファンネルキャップ作ったり補給ポスト新造したり、素組みという話はどこへ行ったのか…。
関連記事
スポンサーサイト
[2017.01.29(Sun) 23:59] 艦船模型Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 艤装品の表現 その9「信号旗」 | TOP | A型いただきました。

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 艤装品の表現 その9「信号旗」 | TOP | A型いただきました。