2017.07 «  - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - » 2017.09
TOP > 艤装品の表現 その9「信号旗」
 ← 取り急ぎ。 | TOP | 1/700 やまぐも型護衛艦「まきぐも」(S45年時) その3

艤装品の表現 その9「信号旗」  

自衛艦の主な行動エリアが遠く陸岸を離れた洋上ということもあって、自衛艦を直接目にする機会というのはそう多くない。
ほとんどは港内に停泊中か沿岸航行中の姿で、洋上を行く姿を見られるのは訓練展示や観艦式くらいであろう。
そんな数少ない機会でも気付くのが、マストに翻る色とりどりの旗である。
タイコンデロガ級
出港するイージス巡洋艦「アンティータム」
マストトップに軍艦旗、右舷ヤードに国際信号 Ans H 、左舷ヤードに船名符字 N A T M を掲揚している。

自衛艦に限らず、艦船は多彩な旗を使って互いに通信しており、無線技術が発達した今日にあってもその重要性は変わらない。
しかし、その詳細についは海事従事者でもなければ知る機会がなく、一般には国際信号が知られる程度である。
灰色一色になりがちな艦船模型にあってその存在感は抜群なので、是非模型でも再現して欲しいし、その意味を知ればジオラマなどでも表情をつけることができるだろう。
今回は「指揮官旗」「軍艦旗」に続き、「信号旗」について詳述する。

一般に信号旗として知られる国際信号旗は、国際信号書により規定された40種類の旗であり、A〜Zまでの文字旗26旗と0〜9の数字旗10旗、第1〜3の代表旗4旗、回答旗1旗から構成されている。
国際信号についてはWikipedia参照のこと。
なお、現行の国際信号書は1969年に制定されたものであるため、映画「コクリコ坂から」で U W を掲揚しているのは正確ではない。(映画の舞台が1963年であるため、「御安航を祈る」は W A Y)

海上自衛隊では、この他に0〜9の数字旗10旗と特別旗17旗、第4代表旗1旗を使用しているが、これはNATO軍の「戦術信号書 ATP&ACP」で定められた軍用信号である。
数字旗については、国際信号は流旗(pendant / pennant)であり、NATO信号は方旗(flag)であるため、明確に区別される。
なお、数字流旗は「p1」「p2」と表記し、「pennant one」「pennant two」と発声するのに対し、単に「1」「2」といった場合は数字方旗を指す。
このNATO信号は、国際信号旗40旗も併せて使用するため、自衛艦は計68旗の信号旗を組み合わせて掲揚していることになる。
旗の大きさは全て二幅で、方旗であれば90cm×120cmである。
1/700では1.3mm×1.7mmとなるので、市販の信号旗デカールは僅かにオーバースケールとなるが、許容誤差と思う。
しかし、NATO信号旗については、まだ販売されていないので自作するしかない。

国際信号書には、軍艦が商船と通信する場合は回答旗に続けて国際信号を掲揚するよう規定されている。
自衛艦が商船に対して「私は演習中である。私を避けよ。」を送信する際は Ans - U Y を掲揚し、「操縦の試運転」であれば Ans - R U p1を掲揚する。
「 - 」は「間索(タック)」と呼び、国際信号書では長さ約2mの揚旗線とされているが、自衛艦では90cm程度の揚旗線を使用している。
そして、海上自衛隊では、艦艇同士で国際信号を使用する際にも回答旗を冠している。
例えば、自衛艦が自衛艦に対して「航海の安全を祈る」を送信する際は、Ans - U W を掲揚することになる。
ちなみに、回答旗は「Ans」と書いて「answer」と発声する。
えい船
出港船を見送る曳船「YT-67」 マストにAns - U W が掲揚されている。

逆に言えば、回答旗が掲げられていない旗流信号は、ほとんどがNATO信号ないしは海上自衛隊が定めた信号である。(一部例外、後述)
NATO信号を定めた「戦術書 ATP」及び「信号書ACP」については、秘文書に指定されており内容は非公開である。
従って、多くを語ることはできないので、概要については公開されている情報として国会答弁を引用する。
「ACP、すなわちAllied communcation Publication あるいはATP、Allied Tactical Publicationでございますが、こういった文書、すなわち米国の海軍が自由主義諸国の海軍と行動をともにする際に、相互の連携というのを円滑にいたしますために米国海軍が作成した文書でございまして、通称ACPにつきましては、標準的な通信要領、それからまたATPにつきましては標準的な戦術要領、これが定められておるわけでございます。」
海自が定めた信号については、「海上自衛隊信号通信実施要領」(通称「信通」)により定められており、これも注意文書(非公開)である。
まきなみ見送り
横須賀を出港する護衛艦「まきなみ」
国際信号を掲げる曳船に対して、「まきなみ」が掲揚しているU旗1流は軍用信号である。

思いの外、長くなってしまったので、模型資料としての掲揚例については日を改めて記述する。
関連記事
スポンサーサイト
[2017.02.12(Sun) 13:59] 艤装品の表現Trackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

さすがプロ by メバル所長
待ってました、プロのこぼれ話!
何故、NATO信号を定めた「戦術書 ATP」及び「信号書ACP」が秘文書なのか良く分かりません。
西側諸国の海軍は、当然、同文書に従って方旗を揚げているんでしょうし、海自が定めた「信通」を含めて、秘密にするほどの内容なのでしょうか?
更に良く理解できないのが、国会答弁。
読み直してみても、言いたい事が良く分かりません。わざとそういう風に答えているのでしょうかね(・・?

お待たせしました(笑) by 大和甲型
戦術書というのは、国際信号書のような単なる符号の羅列ではなく、戦闘時の戦術行動に関する規約が記されておりますので、同盟国以外には公開されません。
また、この信号は旗流信号にも適用されますが、メインで使われるのは無線通信による音声交話です。
西側諸国はお互いにAPを持っていますので、僚艦とは信号により統制されますが、例えばロシアや中国がその通信を傍受しても内容を知ることはできません。
信通についても同様で、信号の送受信の手順そのものを規定した文書ですので、これが漏洩しますと自衛隊の使用する信号通信がバレてしまうことなります。
信号書は、日本海軍でも機密扱いでした。(それが漏れて大変なことになりました)

コメントを閉じる▲

 ← 取り急ぎ。 | TOP | 1/700 やまぐも型護衛艦「まきぐも」(S45年時) その3

COMMENT

待ってました、プロのこぼれ話!
何故、NATO信号を定めた「戦術書 ATP」及び「信号書ACP」が秘文書なのか良く分かりません。
西側諸国の海軍は、当然、同文書に従って方旗を揚げているんでしょうし、海自が定めた「信通」を含めて、秘密にするほどの内容なのでしょうか?
更に良く理解できないのが、国会答弁。
読み直してみても、言いたい事が良く分かりません。わざとそういう風に答えているのでしょうかね(・・?
[ 2017.02.12(Sun) 20:49] URL | メバル所長 #- | EDIT |

戦術書というのは、国際信号書のような単なる符号の羅列ではなく、戦闘時の戦術行動に関する規約が記されておりますので、同盟国以外には公開されません。
また、この信号は旗流信号にも適用されますが、メインで使われるのは無線通信による音声交話です。
西側諸国はお互いにAPを持っていますので、僚艦とは信号により統制されますが、例えばロシアや中国がその通信を傍受しても内容を知ることはできません。
信通についても同様で、信号の送受信の手順そのものを規定した文書ですので、これが漏洩しますと自衛隊の使用する信号通信がバレてしまうことなります。
信号書は、日本海軍でも機密扱いでした。(それが漏れて大変なことになりました)
[ 2017.02.12(Sun) 23:16] URL | 大和甲型 #NKwY6NnY | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 取り急ぎ。 | TOP | 1/700 やまぐも型護衛艦「まきぐも」(S45年時) その3