2017.03 «  - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - » 2017.05
TOP > 艤装品の表現 その9.1「信号旗 続き」
 ← 11m型作業艇フィギュア 制作編 | TOP | 取り急ぎ。

艤装品の表現 その9.1「信号旗 続き」  

ちょっと日が空いてしまったが、信号旗について続ける。

先に記したように、信号旗の用法には大別して「国際信号」と「軍用信号」がある。
さらに今回は、海事法規で定められた信号とこれに関する形象物について紹介する。

なお、法規のくだりは、細かく書くと煩雑になるので、正確さより分かりやすさを優先している。
また、全ての信号・形象物を紹介すると本が一冊できてしまう量なので、自衛艦・軍艦に関係するものだけをピックアップする。

海事三法と呼ばれる「海上衝突予防法」「海上交通安全法」及び「港則法」のうち、「海交法」「港則法」に信号旗に関する規定がある。
「予防法」は海上衝突予防条約に基づく一般法であり、沿岸か外洋かを問わず全ての海域に適用され、国際信号書と同じく世界共通のルールである。
一方で、「海交法」「港則法」は日本の国内事情に即して制定された特別法であり、特定の海域にのみ適用される。

この中で、自衛艦が使用する信号旗は多くなく、「行先信号」と「p1(pennant one)」くらいである。
行先信号は読んで時のごとく「他船に行き先を知らせる信号」で、海交法で定められた航路に関するものと、港則法で定められた特定港に関するものがある。
まずは航路の行先信号について紹介するが、基地所在地に向かう航路で海交法が絡むのは浦賀水道航路だけである。
従って、広報で民間港に入るケースを除けば、横須賀に入港する際にしかこの信号は使用されない。
浦賀水道航路を北上して横須賀港に向かう行先信号は
第1代表旗 P旗
であり、これをマストに掲げるが、国際信号書の定める信号ではないのでアタマに回答旗は付けない。
北上船2
浦賀水道航路を北上する「こんごう」と「むらさめ」(画像はメバル警備所様から許可を得て引用)
「むらさめ」の左舷ヤードに「第1代表旗 P旗(横須賀行き)」が、「こんごう」の右舷ヤードに「第1代表旗 N旗 S旗(木更津行き)」が掲揚されている。

なお、例えば「かが」が海上公試の帰途、浦賀水道航路を北上してJMU磯子工場に向かう場合には
第2代表旗 P旗
「しらせ」が浦賀水道航路から中ノ瀬航路を経由してJMU鶴見工場に向かう場合には
第2代表旗 N旗 P旗
となる。
北上船1
浦賀水道航路を北上するコンテナ船。
「第2代表旗 N旗 S旗」を掲揚する、東京・千葉方面行きである。

港則法に定められた行先信号は、特定港における係留岸壁を示すものであり、基地所在地では函館基地隊がある函館港と阪神基地隊がある阪神港がある。
函基は函館港第1区にあり、行先信号は
第2代表旗 p1
阪基は阪神港神戸区第3工区にあり、行先信号は
第2代表旗 E旗 p3
となる。
阪基入港
阪神基地隊に入港する「つのしま」(阪神基地隊公式HPから加工して引用)
右舷3番に「p1(後述)」、左舷2番に「第2代表旗 E旗 p3」、左舷3番に「Ans旗」を掲揚している。
Ans旗については、岸壁ないし在泊艦艇が「Ans - U W p2(入港歓迎)」を掲揚しているものと思われ、それに対する解信だろう。

参考までに、観艦式で京浜港横浜区の大桟橋に係留する場合には
第2代表旗 O旗 S旗
前記のJMU鶴見工場に係留する場合は
第2代表旗 S旗 H旗
を掲揚することになる。

次に「p1」の用法であるが、これは港則法が適用される特定港の中でも特に船舶交通が著しく混雑する特定港において、航行の優先権を持つ大型船とその他の汽艇(雑種船)等とを区別するための信号である。
基地所在地で該当する特定港は阪神港のみであり、総トン数500t以上の船舶は「p1」を掲揚する。
総トン数を使用しない自衛艦にあっては、基準排水量をもってこの法を適用しているので、阪基に所属する掃海艇(基準排水量510t)は、港内においては掲揚することになる。
また、京浜港も総トン数500t以上の船舶が該当するので、前記のように横浜の大桟橋や造船所、東京の晴海に入出港する際には掲揚しなければならない。

またしても長くなってしまったので、形象物の解説は更に次回とする。
関連記事
スポンサーサイト
[2017.03.16(Thu) 02:29] 艤装品の表現Trackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

無理? by メバル所長
途中まで、読んだのですが
何が何だか分からくなってきました\(゜ロ\)(/ロ゜)/
私には、海上自衛官は無理です。
まあ、歳のせいもあるんでしょうけど・・・・
しかし、解るようになると
自衛艦艇や船に対する興味が増すと思います。
ともあれ、お帰りなさい でいいのかな?
形象物の解説楽しみにしています。

慣れですね… by 大和甲型
ただいま帰りました!

なんでもそうですが、最初はチンプンカンプンですよね。
何回か出入港して行く中で覚えます(^ ^)
警備所沖は海交法も港則法も適用されないので、あまり見る機会はなさそうですけど…。
また、最近はAIS(船舶自動識別装置)の搭載が義務付けられているので、信号旗を見なくてもスマホやパソコンのアプリで行き先を知ることができます。

コメントを閉じる▲

 ← 11m型作業艇フィギュア 制作編 | TOP | 取り急ぎ。

COMMENT

途中まで、読んだのですが
何が何だか分からくなってきました\(゜ロ\)(/ロ゜)/
私には、海上自衛官は無理です。
まあ、歳のせいもあるんでしょうけど・・・・
しかし、解るようになると
自衛艦艇や船に対する興味が増すと思います。
ともあれ、お帰りなさい でいいのかな?
形象物の解説楽しみにしています。
[ 2017.03.17(Fri) 17:56] URL | メバル所長 #- | EDIT |

ただいま帰りました!

なんでもそうですが、最初はチンプンカンプンですよね。
何回か出入港して行く中で覚えます(^ ^)
警備所沖は海交法も港則法も適用されないので、あまり見る機会はなさそうですけど…。
また、最近はAIS(船舶自動識別装置)の搭載が義務付けられているので、信号旗を見なくてもスマホやパソコンのアプリで行き先を知ることができます。
[ 2017.03.19(Sun) 06:09] URL | 大和甲型 #NKwY6NnY | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

 ← 11m型作業艇フィギュア 制作編 | TOP | 取り急ぎ。